映画「リプリー」:あらすじ (ネタバレ)

映画「セブン」の感想を書く予定でしたが、先にこちらの映画、「リプリー」について、書きます。

20160322_Ripley.jpg
リプリー [DVD]



『リプリー』は、1999年のアメリカ映画。
原題は、 "The Talented Mr. Ripley"。
監督は、『イングリッシュ・ペイシェント』で米アカデミー監督賞を受賞した、アンソニー・ミンゲラ。
主演は、マット・デイモン、 共演はグウィネス・パルトロー、ジュード・ロウ。


原作は、パトリシア・ハイスミスの同名小説。
同じ小説を原作とした映画に、『太陽がいっぱい』(1960年フランス・イタリア)がある。


ストーリー:

1950年代のニューヨーク。貧しく孤独な青年トム・リプリーは、ピアノ弾きの代役として出向いたパーティで、借りて着ていたジャケットのために、大富豪のグリーンリーフに息子のディッキーと同じプリンストン大学の卒業生と間違われる。とっさにディッキーの友人を装ったトムは、グリーンリーフにすっかり気に入られ、地中海で遊び呆けているディッキーを連れ戻すように依頼される。これをチャンスと思ったトムは、ジャズが好きというディッキーと話を合わせるためにジャズに関する知識を猛勉強し、イタリアに向かう。 イタリアに着いたトムは、大学の友人を装いディッキーに近づく。父親に依頼されて自分を連れ帰ろうとしているトムに、はじめは反発していたディッキーだったが、トムがジャズに詳しいことを知ると、周りにいないタイプの人間という物珍しさもあり、トムを連れ回して遊ぶようになる。
Wikipedia




ここまでは、Wikipedia の解説は、だいたい合っている。
後半の解説は、大半が間違っているため、後で有料記事にて、説明します。
ただ、あらすじとしては知っておいたほうがわかりやすいため、後半もここに引用します。
映画の結末まで、ほぼ書いてありますので、知りたくない人は、読まないでください (ネタバレ)。


豪華で贅沢なバカンスを共に過ごすうちに、傲慢で身勝手だが魅力的なディッキーにトムは憧れ以上の愛情を抱き始める。しかし、トムの物珍しさにも飽きたディッキーは徐々にトムの存在が疎ましくなる。そして遂にディッキーから激しい罵りの言葉で別れを告げられたトムは発作的にディッキーを殺してしまう。

ディッキーの死体を海に沈め、ホテルに戻ったトムはフロント係にディッキーと間違われたことから、ディッキーになりすますことを思いつく。トムとディッキーの二重生活を巧みにこなし、悠々自適な生活を続けるトムだったが、ディッキーの旧友フレディが現れ、トムを怪しみ出したことから、フレディを事故に見せかけ殺害する。

一方、ニューヨークからの船でディッキーのフリをして知り合った名家の令嬢メレディスと再会したトムは、彼女をエスコートしていた青年ピーターと知り合い、愛し合うようになる。その後、ディッキーの恋人マージに怪しまれつつも、何とか切り抜け、まんまと財産をものにしたトムは、ピーターと船旅に出る。しかし、その船でトムはメレディスと出会ってしまう。いまだにトムをディッキーと信じているメレディスと、ピーターを会わせるわけにいかないトムは、愛するピーターをも手にかける。
Wikipedia



この続きは、また後ほど。


関連記事
Category: 映画と聖書


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する