note、更新しないつもりが…

さっき、ちょっと自分の note を確かめに行ったら、なぜか、新たにフォロワーさんが微増していました。
え~、困った、いや困んないんだけど、ご挨拶とか、あんまり得意じゃないわたしには、わざわさご挨拶に回るのが、しんどい(笑)
ボタンの押し間違いだと思いつつ、放置したら失礼っぽいので、とりあえず、フォロ~のお返し。
ああ、この辺で、終わってくれると、よいのだが……


さて、さっき、FC2 ブログのオフィシャルサイトを見ていて、これは先日から気が付いていたことなんですけども、
ここ FC2 では、「本・雑誌」というジャンルのブログは、さほど人気がないらしく、似たようなジャンルとしては「小説・文学」があって、こちらはジャンル一覧に表示されていて、リンクが張られている。
だけど、わたしが登録している「本・雑誌」というジャンルは、いちいち「ジャンル一覧」というボタンをクリックして、そこから探し出してリンクをクリックしないと、たどり着けない。

な~るほど、それでは、FC2 ブログのユーザーさんが、突然わたしのブログを訪れる機会は、めったにない。

しかし、今から登録したジャンルを変えるつもりはなく、時折、息抜きくらいに書く予定の「映画」のジャンルに登録したら、せっかく、聖書のおはなしを書こうと思ってるのに……と、いうことに、なってしまう。

これは、よそのブログも確かめてみようかな?
FC2 ブログだけの傾向なのか、つまり、「本・雑誌」というジャンルは、ブログのユーザーの間では、さほど人気がない、ということだと思うんだけど……このジャンルに登録されたブログの数が少ないか、アクセス数が少ないか、というところ?


逆に、もう読まれていないと思うんだけど、note.mu でのわたしのおバカ日記は、今からフォローされても、もうあんまり書かないつもりでいて……う~ん、悩む理由はないのだが。
note では、バカが日記を書いたら、チップがもらえる(笑)みたいな、軽いコミュニケーションがあり、な感じなんだけど、わたし、そういうのとは、ちょっと違う、本みたいなのを書く予定(汗)

真面目に書くも~ん。
だけど、ほとんど訪問者がいなくて、素晴らしい(笑)

フェイスブックと、このブログを併用しようかと思ったけど、毛色の違う note.mu さんに書くのは、気が引ける。
やっぱり、note さんとこのは、削除したほうが、いいかもな~。


なんか、こういうことを書くと、誰かにドツかれるかもしれないが──
note.mu さんの、なごんでるコミュニティを見てると、
かなり雰囲気は違うが、Q で楽しくやっていこうよ!みたいな感じの人たちが当時、若干いて──
そういうのを、ほんのちょっぴり、思い出す。
いい人そう、とまでは言わないが、悪い人ではなさそうな人たちが、いたよな、と、ふと思い出す。
あの頃のわたしのほうが、もっと引っ込み思案で、おとなしかったから、誰にもなじめなかったけど。

うん、わたし、ネットのコミュニティにも、溶け込めないみたい(笑)
実際のほうが、もっとマズい(笑)
挨拶はできないし、大変(笑)


関連記事
Tag: note.mu
Category: 日記


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する