やっぱり、古い映画しか、知らない

さっき、「U-NEXT」という、動画配信サービスにて、有料タイトルをレンタルしました。
このサービスに加入してまだ3か月くらいしか経ってなくて、よく仕組みがわかってないんですけど、
動画配信サービスは、どちらかというと、レンタルビデオのほうが似てるんですね、テレビの有料チャンネルよりは。



まあ、違うかも…


ということで、あと2日で、タダで使えるポイントというのがあって、1000ポイントの使用期限が、あと2日。
これ、たぶん放置しても、来月に繰り上げポイントとして、そのまま1000ポイント、使えるはず。
というのが、わたし、これまで忙しくて、1~2回、この勝手に自動繰り上げポイント1000円分を、使わずに放置し続けた。
今回はじめて、有料タイトルに使った。
…じゃなくて、最初は、「ブラック・スワン」という映画だったな。


今度、20年ほど前の映画「セブン」について、ちょこっとブログに感想を書こうと思っていて。
「セブン」に関係のある作品を、何か配信してないかな? と、「U-NEXT」の配信タイトルを検索してみた。
最初は、アンソニー・ホプキンスの出演作とか、そういうのから検索してみたけど、どうも…。


それで、ぜんぜん見たことも聞いたこともない作品を、主要キャストの一人に、「セブン」の出演者が含まれていたため、ちょこっと観てみようかと思って、選んだ。
有料タイトル、432円で、たった2日しか視聴できない。
たっっか~~~い!!
信じらんね!!


さて。
まったく予備知識なしで、ただ主要キャスト数人をちらっと見ただけで視聴開始したこの作品、
「コンテイジョン」。
まったく、作品名も、出演者も、スタッフも、何も、見たことも聞いたこともない。


だけど、有名人ばっかり出演していて、妙に豪華だなと思って、いま冒頭から15分ほどのところで一時停止して、これを書いている。
見たら、監督さんが、映画「セックスと嘘とビデオテープ」の、スティーブン・ソダーバーグだ。
びっくりした。
へえ~? あの監督、こんな作品まで、作ってんの?
もう、びっくりして、最近のわたしは、確かに、新しい映画のこと、ぜんぜん知らない。
ソダーバーグも、「チェ」までしか、知らない。


で、この映画は、「セブン」に関係あるかもな、と軽い気持ちで観はじめたわけですが。
たぶん、ちょっと「セブン」の真似、してますね。
最初っから、構成とかが似てますね。
もちろん、出演者も、「セブン」絡みで出演していることが、わかりました。


もう1つ、「リプリー」という、古い映画のリメイク作品、こちらは録画はしたことあるけど、観たことない(笑)
だけど、つい先日、手持ちのブルーレイディスクを整理していて、この作品を録画してあるディスクが2枚以上あったから、今度時間があったら、「リプリー」も観てみる。

しかし残念ながら、「クリムゾン・リバー」の字幕版を録画したはずのディスクが、見当たらなかった。
2回、3回とディスクの山を確認しなおしたから、確かに、どっかに消えてしまっている。
棚の奥に落ちたかな?
不思議。


さて、
映画はこのように、たいてい、古い映画を元ネタに、どこかをつないで作ってある。
だから、作品に詳しいというより、映画全般、というか、古い映画を知っている人でないと、ただ感想を書いても、どっか勘違いな思い込み、ということになる。
わたしも、残念ながら、知っている映画の数が限られるだけに、絶対に、作品の一面しか、見ていない。
これは、特に強調することはない。
たいていの日本人が、わたしより、映画に詳しくないと思うし。
わたしは一時期、テレビの有料チャンネルに加入して、誰も見ないようなマイナーな映画とかも観てたから、その頃の作品なら、わかると思う。


さて、この映画、スティーブン・ソダーバーグの作品だ。
だから、遊びの要素がたっぷり入っているはず。
表面は、ホラー映画の一種、らしい。
感染病の恐怖を描いたもの。
だけど、それはソダーバーグさんは、「オーシャンズ」シリーズみたいなのを作った後だから、マズいよな。
やっぱり、ああいう感じの作品に、違いはない。


さて、映画「セブン」は、継承している作品は、ほとんど全く観たことがなかったから、驚いたな。
まさか、と思ったけど、もちろん、わたしが知らないだけで、「セブン」も真似してる作品、結構あると思います。
だけど、これだけメジャーな作品で、「セブン」の影響がある作品なんて、観たことなかったから、驚いた。


ということで、今度は、ちゃんと、新しい作品につながってる映画について、感想を書きます。
そういえば、「ブラック・スワン」も、2010年だから、さほど古い作品ではなかった。
あの作品も、U-NEXTで、無料で見放題の期限ぎりぎり、当日の昼に視聴したのがきっかけ。
この「コンテイジョン」も、似たような感じだ。


しかし、「セブン」は、映画以外の元ネタのほうが目立つから、映画に詳しくないわたしでも、なんとなく書けるが。
この「コンテイジョン」は、映画ヲタクのソダーバーグさんが、遊んで作ってるから、あちこちの映画に及んでいて、いちいち観なおす時間なんか、ない。
有名人ばっかり出演してますからね、主役級の役者が何人も。
彼ら、確かに「リプリー」で共演してたり、関係あるのが明らかな作品が幾つもある。


「コンテイジョン」については、したがって、最低でも「リプリー」を観てからでないと、感想は書けない感じ。
「セブン」は、この「コンテイジョン」では、大して関係がなさそうに見える。
しかし、物語の枠全体に影響していて、「セブン」の構造を真似してるだけ、っていう感じの作品に見える(笑)
古い映画だから、「セブン」が、だから、この「コンテイジョン」という作品しか知らない若い人たちは、ちょっと、ワケわかんない、だろうな~。


という感じで、
古い映画をたくさん知っていた、淀川長治さんのような評論家さんは、それだけで、珍重されるのでしょう。
そうですね、しかし、この映画、「セブン」以外は、あんまり関係ないんじゃないかな?
いや、冒頭から、いきなり、「ああ、セブンだ~」と、思ったもので。
これは、今回は「セブン」は観なおすつもりないけど、もう1回だけ、観たほうが、いいかもな?


あんな作品を使う映画が出て来るとは、思いもしませんでしたが。
「セブン」って、気持ち悪いだけ、っていう感じの、猟奇殺人です~って感じの作品でしたからね。
ソダーバーグさんは、趣味が悪いんでしょうね。
ヲタクですね。


ということで、これから映画「コンテイジョン」の続きを、視聴させていただきます。
U-NEXT、高いよな~。
レンタルビデオほとんど利用したことないから、感覚がわからないや。
有料放送のほうが、録画したらずっと見放題だから、ラクだし、割安ですよ。
たった2日で400円超って、どうなの(笑)
もったいないわ。マジ。





関連記事
Theme: 映画感想 | Genre: 映画
Category: 映画と聖書


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する