この後は、何の話を書こうかな

ネタ切れ、というわけではないのですが、このブログに、何を書こうか、考えてしまいます。

note.mu では、ブログの読者数が多いことを誇示する人が結構いて、ネタ切れのときは、とか、小学生みたいな話を書いて教えてくれているようでしたが。
わたしは、どうも、そういう感覚で note を使うことは考えていなかったので、結局、簡単に書いて簡単に有料にする、一般の noter さんたちとは、合わないのかな、という感じです。


さて、この話は、note に書いてもいいんですけど。
note って、なんか、気まぐれなユーザーさんが多いみたいでね。
こちらは、読み手の気持ちを考えて、とか、そこまで慎重に書かないから、向こうからフォローしてくれて、向こうからフォロー解除してくれて、なんか、どういう観点でフォロー相手や解除を決めてるのか、わからない。


しばらく自分の note を放置して、更新していませんが、やはり、少ないフォロワーさんの中から、勝手にフォロー解除してくれている人が数人、いました。
それで、他のフォロワーさんは、ただ自分のフォロワー数を揃えるために、相互フォローみたいな感じでやってる人が多いし、逆に、こだわってフォローしている人のほうが、後でフォロー解除するのかな?


まあ、もともとフォローしてもらおうと思わずに始めたから、フォロワーさんが増えだして、どうしようか、と思っていました。
やっぱり、SNSみたいに、コミュニケーション主体のサービスは、わたしのような、ひとりごとみたいな話を書き続けるユーザーには、向いてませんね。
古いブログでも、誰も読んでないように見える、などと何度も書いたことがあり、そのほうが、書いてるほうはラクだった、ということが、今なら、おわかりいただけるかと思います。
さびしがってるわけではなくて、逆に、気がラクなところがあり。


わたしは読み手に一喜一憂することは、しないから、note さんみたいに、何か書くたびにフォロワーさんが解除してくれるような(笑)、なんだかわからないところで、場違いな話を書くより、訪問者の少ないブログのほうが、いいに決まってますよ。
それは、訪問者数だけは、note のほうが多かったけど。
ハッシュタグから検索してくる人が結構いるみたいで。



さて、この後は、まだまだ忙しくて、時間制限があまりないから、ブログの更新もたまには出来るけど、やっぱり先に用事を済ませたい。
忙しくなくても、1日に朝昼夜数時間ずつとか、まとまった時間をあてて、仕事みたいにやってたら、疲れますね。
そうだな、就寝直前までやってるからな。
なんか、早く解放されたいですね。


それで、ブログに書く内容は、やっぱり、ただ書きなぐるというか、サ~と書いて、読み直しもせずに公開する。
当然、あんまり面白いことは書けない。
しかし、まあ、その辺のおバカブログよりは、マシなことを書いていると思いたい。


そのうち、聖書の話を、有料記事にて書こうと思います。
このブログ、まだほとんどサーチエンジン経由の訪問が無いんですよ。
今日はなぜか、スマホらしき訪問者さんが数人、サーチエンジン経由で来られました。
なんのキーワードで検索したのか、わからないな。
しかし、そういう具合に、いずれはサーチエンジンから来る人が増えるとは、思います。


これは、書かないほうがいいかなと思ってたんですけど、
ここ FC2 ブログでは、前にわたしが何度かお世話になった、Seesaa ブログ というところよりも、グーグルのエンジンに引っかかりにくい。
これは、最初に Seesaa ブログを使いだした5年以上前から、思っていた。


Seesaa ブログって、特に大手、っていう感じはしなくて、ただ老舗ではありますが。
あそこでテキトーにブログを書くでしょ。
ぜんぜん、特に考えず、いわゆる「SEO」みたいなことも何も考えず。
だけど、あそこでブログの記事を書くと、なぜか、早い段階で、結構検索結果の上位に表示されるようになるんですよ。
だから、たぶん、あそこでブログを書いていた頃、たまに1日のユニークアクセス数が100を超えたことがありましたが、グーグルなどのサーチエンジンから来たんだなと思います。


でも、ここ FC2 は、不思議なくらい、静かです (笑)
なんというか、自分でブログ名をキーワード検索しても、ぜんぜん、出てこないんですよ、このブログ、検索結果に表示されないんです~。
面白いんだけど、逆にそのほうが訪問者が増えなくて、気楽だと思って、ずっと放置していた。


だけど、有料記事を主体にするつもりなんなら、とりあえず、もうちょっと訪問者が増えないと、どうしようもない。
これから、ブログの名前を変えるとか、何か工夫が必要になるかと思いますが。
具体的には、なかなか時間が取れないし、めんどうです。


う~ん、前は、わたしは、自分で WordPress とか、Movable type とか、サーバーにインストールして使おうとか思っていた頃もあり、その辺の phpベースの CMS を自分でインストールして、自分でカスタマイズとか、やってましたね~。
もう10年以上前ですね。


今は、時間もないが、気力もない(笑)、というか、よくやってたな、そんなことと、思う次第です。
もうねえ、どうでもいい、中身もどうでもいいもの(笑)


それだから、こんな具合に、ちょっと観ただけの映画の感想を、なんと有料記事にして公開したり(笑)
お笑いの道を突っ走っているのか?
ホンネでは、「誰もこんなとこ来ないよ」っと、思っていて(笑)
たまにグーグルとかで見つけたら、もうけもん、でしょ、こんなブログ。



さて、映画の話は、ぢつは、わたし自身がどうでもよくて、書いてても、面白くない。
もっと、興味のある話を、書いてみたい。
聖書の話のほうが、面白いし、自分で書いてても、ためになる気がする。


それで、いつか、聖書の話を、このブログに書きたいと思いますが。
だいたい、簡単な話でないと、ふつうの日本人は、たとえ興味を持って読んでくれても、内容を理解できない(笑)


これは、最近になって、ようやくわたしのほうが自覚すべきところだったのを思い知った次第。
どうして、自分でわからない難しい本と、こんなブログとを、比較できましょうか?
だけど、たとえば、クソ難しい哲学書と、このブログ、どこか共通点がある。
それは、読み手のことを、考えていないとこ (笑)


そ~う、わたし、自分で簡単だと思い込んでいることを、さも誰でも知ってるかのように、ササ~っと書いて、済ませてしまう。
だけども、読む人は、きっと初めて知るような内容、なんですよ。
それを、わたしは、誰でも知ってそうだし、こんなもんよ! とか、勝手に思って、勝手にカンタンに切りあげる。
理解、できない (笑)


ということで。
わたしは、簡単に書きますよ。
だけど、読むほうが、それを読んで理解してくださるかは、知らない。
だって、哲学書みたいに、難しい言葉を駆使して、わざと難解に書いてるわけではなく、話し言葉のようにくだけた口調で、簡単に書いてるのに、難しいことを書いてると思うわけがないでしょう、自分で。


だから、読み手が理解できない場合は、意思表示をしてもらわないと、難しい。
コメントは自由に入れられますから、もしこれを読んだ人は、ぜひ、簡単にコメントください。
「こんにちわ」でもいいんで、書いてみてください。


たぶん、この国では、ケファがアホの役だとか、とうとつに書いても、理解できない人、多いでしょ。
だけど、欧米では、そんなもん、子供でも知ってるんじゃないか?
マジで、この国は、何百年も、欧米に後れを取ってる感じがしますよ。
ほんとうに、これで、精神的にも、わたしのほうがオトナなんだなっと、おわかりいただけましたでしょうか?


そ~う、こんな国、無視して、外国に移住でもして、そこでさっさと「オトナの本」を、書けばいいんです。
ほんま、この国で、わたしみたいな話を書いても、誰も知らないか、誰も相手にしない(笑)
イヤだあ、もう、ケファがよ、オトナの男の役をやる国って、まさか、このニッポンだけではないのか!? (笑)


あ、「ケファ」というのは、「シモン・ペトロ」という、イエス・キリストの十二使徒のうち、うわべでは最も出世した(笑)といううわさの、バカ男です。
「子供」ですよ、ケファをあらわすキーワードが、あるとしたら。
マジ、新約聖書の、福音書だけでも、読んでください、ほんま。
そう、いわゆる「共観福音書」、マタイ、マルコ、ルカ福音書、どれでもいいから、似たような内容なんで、1コでいいから、読んでみそ?
ほんま、これは、衝撃でっせ。
いえいえ、あんた、マジですわ。
これは、衝撃、ですわ!!


なにが衝撃って、
そう、
イエス・キリストを「少年」だの、
ボ~イだのと笑って喜ぶバカなんぞ、
福音書をまともに読む人に、いるワケが、ございませ~~~ん!!!


そ~~~う!!
あなた、あなた!!!
ケファさんは、子供のように柔和でへりくだる、っていう、おもろいキャラのオッサン、なああんです~~!!


だから、彼の真似をして、天国に入りましょうよっ!
っていうのが、キリスト教、なあああんですうううう~~~!!


もうね~、
イエス・キリストは、彼ケファの師匠さんなだけで、ほんま、関係なさげ。
笑い。


これは、衝撃で~~~す!!!


そ~~~う、かの「ヨハネによる黙示録」、あの「二人の証人」は、ふつうに読むと、アホのペトロくらいにしか、見えないんざます。


だから、わたしは、この国は、アッホの山だなっと、思うんざます。



だから、あくたがわりゅうのすけくんは、死んだあと、天国に入って。
しかも、子供とゆうことで!!!
だれにもわらわれず、ただただ、師匠のようにもてはやされ。
ただただ、神様と同じような人と思われ。
教会の主、いや「パパ」! と、呼ばれてても、おっかしくな~~い、んざます!!



そ~~う、
この国は、もはや、カトリック(笑)
これは、アホの国ニッポン、総カトリック(笑) の、おはなし。
うわ~お、天使がいっぱ~~~~~い (爆)


そ~~う、この国には、「二人の証人」が、ごっつ、いっぱいいて。
だれも、芥川君を、笑っていな~~~いんざます~!!



こまったこまった。
う~~ん。
聖書の話を、どんなふうに書くか、っていうはなしを、書く予定だった(汗)
もう、いいわ。
わたし、バカっぽい書き方、やめます。
もっと、普通に書きます。
それで、有料記事に、ちゃんとお金を払う読者さんが、うようよと増えて。
いつの間にか、もうかっている、っていう感じに、します(笑)


さ、こうゆうわけで。
わたし、これから、ちゃんと聖書の本じゃないわ、有料記事を、書きます。
書くけど、今みたいなアホ言葉じゃなくて、普通に書きますよ~。
だって、誰も読まないもん(笑)
つい、調子にのっちゃうんだも~~ん(笑)






関連記事
Category: 日記


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する