図書館で借りた本のメモが出てきた

わ~うれしい。
さっき、古いUSBフラッシュメモリを整理していて、
何年もアクセスしてなかったフォルダの中に、
過去に図書館で借りた本のメモが、保存してあった。

たくさん借りたメモが残してあった。
アーマン教授の本のとか。
うれしいな~。
日本の聖書学者さんの本も、結構借りていた。


う~ん、まあ、今日も外出もして忙しかったし、
日付かわったけど。。
どうせ、この後のほうが、忙しいけど、
時間を探して、借りた本のメモを読みなおす。
ちょうどいい、これらの本の中から、書評みたいな感じで、有料記事を書くかも、しれない。
なんか、どうでもいい本だと思ってたんだろうが、あまりちゃんと読んだ記憶がない。
メモというが、読書感想ではなくて、本文の引用をメモしてある。
ということで、要するに、ブログに記事を書くのに必要なデータは、そろっているほうだ。


もっと大事なことから、始めたいから、しばらく後で始めると思う。
最近出版された本も、読んでみたい。
どうせ、たいして変わらないと思うけど。


映画の話とか、ブログに書くか、わからない。
このブログでは、過去に、グーグルから来訪したビジターたちがたくさんいたが、
映画の記事ページへのアクセスが大半だった。
突出して多かったのが、「セブン」のページ。
大したことは書かなかった、町山さんの名前を記事タイトルに書いていたから来たのかな?
わからない。
来た人たちが、ちゃんとブログ本文を読んだかも、不明。


さて、わたしの家族が、今日は歯を磨く、とか、毎晩言うのだが、
なぜか、歯を磨く用意を始めようとしてから、毎晩、2時間もかけて、髪の毛をいじっている。
今もだ。
気味が悪い。
言い訳ばっかりするな、こいつ。
さて、うんざりするから、ブログは、ここまで。
どうせ歯を磨くのがイヤなだけだろう、毎晩ご苦労なことだ。
髪の毛ばっかりいじって、誰も見ないのにな。
病的にうぬぼれてるな、この人。
中学、高校の頃から、髪の毛ばっかりいじってた。
すでに、頭がおかしかったとみえる。
誰もそこまで必死でやってなかったからな、当時から。


町山さんって、映画ちゃんと観たことあるのかな。
ふと思った。
「羊たちの沈黙」なんか、ウラがあるのが見え見えな映画だけどな。
あれで気が付かないんなら、他の映画は、もっと気が付くまい。
かわいそうな人だ。
映画評論家って、ただ、映画に詳しいだけじゃ、なれないと思うが。
やっぱりな、いずれはわかることなんだろう、日本人が頭が悪いのは。


聖書の先生がたも、気の毒だが、
わたしの聖書の読み方は、あまり間違ってないと思う。
映画のほうが、わかりやすいが、当時の聖書の筆者たちは、この世のありさまを、笑うだろう。
誰も読めないなんて、おかしいと思うけどな。
絶句だな。


さて、映画の話より、聖書の話のほうが、あるいは、理解できる読者もいましょうから、
いつか、ブログに、有料記事として、書けるよう、祈ります。

なぜって、誰が読んでも、バビロンは大昔の、ヘブライ人ではなく、バビロニア地方の人たちの話だ。
というか、ウラを読んでるつもりなら、それなりに、根拠を示さないと。
だから、映画のウラを読むより、聖書のウラを読むほうが、ラクなんじゃないか?


聖書学者は、頭が悪いんだろう。


ヘブライ人なんか、バビロン地方からユーフラテス川を渡ってきた人たち、とか、
どこかに書いてあったぞ。
ウィキペディアだ。
ああ?
そうだっけ?
「出エジプト」を終えたヘブライ人の総称かと、思っていた。
どうでもええか。。
しかし、とにかく、ヘブライ人なんて、いつ頃が起源か、わからん民族だ。
どうせ、つい最近の国だ。
せいぜい、数百年くらいじゃないのか。


ヘブライ文字の起源とか、わかれば、いいんだけど。
そうだな、どうでもいいな。
ヘブライ文字が難読なのは、有名だと思うけど、
日本語より、ヘブライ語のほうが、難しそうだし、
日本人が、ヘブライ語に堪能になるのは、不可能だと思う。
旧約聖書は、先に英訳があって、それを参考にして日本語訳が出来たみたいだから。



あ~、どうでもいいな。
こんな話。
さいきん、誰もブログを読んでなさそうだと思いながら、独り言を書く。
だから、投げやりな話ばかり。
読み返すことも、あまりない。
後で読み直して、驚くかもしれないな。


まあ、図書館で借りた本が、どんな本だか、思い出してから。
スゴい量だから、読みごたえがあるだろう。
楽しみだ。
だけど、U-NEXTの動画も、視聴しようと思ってるから、忙しくて、時間の調整が難しい。
一番しないといけないのは、書類のスキャンだ。
死んだ家族の残した書類とか、遺品とか、大量にスキャンして、実物は捨てる予定。
どうしても、捨てたいんで。


時間が無いな。
死ぬまでに、ぜんぶ、出来るかな。
図書館の本は、読んだが、なんにもならなかった、とかな。
ありうる。


わたしの人生は、つまらなかった。
と、先に書いておく。


あ、USBメモリに、
日記ソフト「おしろい」が、入っていた。
読みやすかった、
けど、古いソフトだからか、文字がボヤけてた。
どうしようかな。
やっぱり、秀丸で、メモし続けるか。


時間があれば、こんな短絡的なこと、しないな。
いまだかつて、こんな混乱してることは、無いような。
母親が死んだ頃のほうが、マシだったかも。
大量にデータがあり、何が何やら、わからない、
のではなく、
大量に、スキャンとか、ダビングとか、しなければならないデータがある。
忙しいって、それだけ?
と、言いたいところだが、体が何個あっても、もちそうも、ない。
座ってるだけで、しんどいから。


家事がなかったら、まだ進んでるな。
困るな。


さて、映画なんか、書く気にならんかもな。
すると、グーグル経由の訪問者は、見込めない。
やはり、有料記事の収入は、ほとんど無さそうだ。
書くの、バカみたい。
と、思って、最初から、書かない、かも。


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する