こんなところに書いてもね。。

昨日から、ブラウザのタブを閉じるため、あちこちのURLをメモして保存しています。
今日も寸暇を惜しんで、アマゾンで見つけた本のURLをメモしていた。
したら、やっぱり、読んだことのない聖書学の本が、少しずつ、増えている。
読んでみたいな~。

しかも、アマゾンの Kindle 版が発売されている本も、いくつかある。
面倒だから、アマゾンのギフト券を使って、 Kindle のタイトルを買おうかな。
キンドルさんは、ブラウザで読めるんだっけ?
楽天Koboでも読める本を、探してみるか。。


まあ、ぼちぼち、読んでみるか。。
今日は、今日で、忙しくて、さっき帰宅して、晩ご飯をつくって食べた。
しんどかった。
いや、あの~、岡山の人が一番わかると思うが、いるかは知らんが、
外出先でたまに、手に持った、あるいは肩にさげた、背中に背負った…
荷物が、急に、重たく感じること、ありません?
電流による、嫌がらせの、せいなんですね~。

これのせいで、わたしはフラフラ。
買う物が買えず、ますます、食事の量が減り、体重が減っていった。
ひとごろし。
こいつら。
んだけど、わたしが先にころす。


さて、話を戻す。
今日も荷物が重くてしんどかったが、それでも一時期にくらべて体調は良いほうだった。
数日前の状態が何年も続いたら、死ぬだろう。
緩慢な死だが、誰にも気づかれず、人を殺せる。
こいつら本人には、気づかれない。
なので、誰にも、わからない。
法的には不法だが、誰も裁けない。

岡山県人、これを読んだら、心して。
あんたがたの、すぐそばに、彼らは、うろついている。
うちは、たまたま、周囲が空き地と同じ状態の家だったから、狙われた。
まず、間違いなく、元は岡山の人間ではない、こいつらは。
土地カンが無いのだ。
というか、いい人だから嫌がらせしないとか、そういう基準ではない。
ただ、うるさい人間を標的に、嫌がらせをしているつもりでいる。
ところが、誰が誰だかわかってないのに、勘違いして、思い込みだけで、つきまとう。
ただのキチガイだから、相手にしなければ済む。
周囲の人間がうるさい場合は、うちみたいに、間違えられ続けるが、
そうでなければ、知らんうちに、嫌がらせが緩くなり、どっかに行ってしまうと思う。

うちは、たまたま、家の中の子供がうるさかったから、ずっとつきまとった。
わたしの双子の片割れのことだが。
かのじょ、小さい頃からうるさかった。
知らずにつきまとわられ。
ついに引きこもりになり。
精神障害者になった。
気の毒だが、彼女自身がうるさいから、仕方ない。
誰でも気づくと思うくらい、彼女に対する嫌がらせは強かったと思う。
わたしは、彼女に間違えられて、はじめて、こういうものなんだと気づいた。
小さい頃から、学校を卒業するまで、ずっと気づかず。
ただ、わたしの場合は、人間違いで、普段から静かでおとなしいわたしには、嫌がらせしてもな。
それで、たまに間違えられて、吐いたりして。
それだけだ。


人まちがい。
ただそれだけ。
神は、彼らを裁くのか?
わたしの祈りを聞かないのか?
さて、もう何人も、この連中も死んでると思うが。
たぶん、今年のうちに、もう1人2人は死ぬと思う。
それで、何人いるか知らんが、わたしが生きている間に、全員、殺す。
呪い殺す、わたしが。
それが、わたしの復讐だ。


で、図書館の本は、あんまりキレイじゃないし、体調わるくてスキャンとかできないし、
本当はスキャンはしてはダメなんで、著作権の問題で。
わたしは、今回は、自分で買って、スキャンして捨てる、という、ふつうに著作権保護の方向で。
どうするかな。

母親が死んで、遺産を相続したのに、
定額預金の満期のお知らせが届いて。
しかし、また、相続手続きが必要だ。
家を出た兄弟たちに、連絡をした。
したら、すぐ来ると答えたくせに、まだ連絡が来ない人がいる。
もう、あの預金は、あきらめようかと思っているところ。
しかし、全額相続したら、しばらく仕事なんか考えなくていいし、
というか、少額だが、わたしが稼ぐ額を思えば、何年分かわからない。
本を買うか借りるか、なんか、迷わなくて済む。
しかし、兄弟にまた連絡をするのが、ムカつくので、あきらめようかと考え中。
母親は、その人にお金を貸したまま、連絡もなく、
返すと言われていたものだから、ひどく怒って、
彼女が死ぬ際にも、その兄弟には連絡するな、ときつく止められた。
実質、親子の縁を切った、というか、被差別部落の人と結婚して、縁は切れた後だ。
なんだろうな、あの人、だらしないだけか?
知らんな。

う~ん、お金の問題か。
いつもスーパーで値引品をけなげに買って節約してるわたし。
なんかアホらしい。
母親の預金を相続したら、スーパーで節約する必要も無い。
でも、続けると思うな。
どうしようかな。
なんか、腹が立つより、あきれるというか、脱力。
連絡したくないだけ、なんだが。。

まあ、放置したら、まず、向こうから連絡は、来ない。
どうしようかな~。
もう、父親が死ぬ時も、連絡すまいかな。
ふ~ん、まあ、こんなもんだ、親子の問題なんて。


図書館で借りたら、タダだもんな。
適当に読んで、メモを取るだけにして、返すかな。
それが一番、早いかも。



関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する