ルカちゃんのお仕事、安すぎる? (長い追記あり)

さっき、note.mu 公式からのメールを読みました。

おすすめ note を、いくつか紹介してくださるんですけど、個々の note の記事本文は、ごくたまにしか、読まないです。

そんななか、こんなお題で、書いている人を見つけて、読んでみました。


文章が上手くなる方法って? にけっこう真剣に答えました
https://note.mu/czech/n/n4962b53ee935


「文章が上手くなる」…
あっ、読んでみよ。
と思って読んだら、なんと、途中から有料でした。
なんと、このお話だけで、1500円ものお代を請求する、高額な記事でした!


記事が高額の理由は、「価格に見合った価値があるから」というよりは、「あんまりたくさんの人に買われると私が困るから」です。



と、この人はおっしゃるのですが……

この人は、フォロワーさんの数のほうが多いし、哲学書も読む人みたいですが。


「2016年に入ってからのnoteバブル」
と、この人も、ご自分の note に書いてます。
ふ~ん、なんかピンと来ないな。
わたしが note に記事を書き始めたのは、昨年だから、わたしのほうがブーム(?)より、わずかに早かったんだけど。


まあ、わたしがぜんぜん人にウケないのは、よくわかるようになった。
なにしろ、この人は、わたしと同じくらいの記事数なのに、フォロワーの数が20倍以上多い。
わたしは、誰もフォローしてないから、仕方ないけど。
あと、ご自分のブログなどで先に記事をたくさん書いていて、読者がたくさんいる人みたいだ。


ふ~ん、
わたしが有料の本を出版しても、知名度ゼロだから、売れないかな。
というかね、聖書に興味ある人なんか、そういないと思うな。


ためしに哲学書を好きで、聖書の話も読んでみたい、という日本人は、どれくらいいるかな?
けっこう、化けの皮(笑)をはがせる。
というのは、西洋哲学なんか、聖書の話が主だから、聖書に興味ない人が、哲学の本だけよく知ってるフリをするとね。
日本の哲学好きさんには、多そうだな。
彼らは、映画が好きだけど、まったく製作者の意図を考えずに鑑賞してる人たちと、似てる。


とりあえず、忙しいなか、聖書の本を真面目に書くのは、むずかしいので、
来年までに、何か書けたらスゴいなあ、という程度。
どうかな~。
がんばったら、あと数ヶ月で着手できると思うけど。


映画の感想みたいな、気の抜けた文章なら、書けると思う。
というか、文章は関係なくて、中身が…
どこかで勉強してから、とは思わないんだけど、どうやって自説を説明するのか、とか。



しかし、
1つの記事が1500円(笑)の人を見つけると。
わたし、たとえ分量は少なくても、自分の本は1冊1000円くらいにすると思う。
なんだかな~。
売れないほうがいいから、高額にした、っていうけど……
この note ユーザーさんみたいな人たちが、ゆがんでるのか?
それとも、わたしがおかしいのか?


★この記事を公開したあとで、上にご紹介した noter さんが、西洋哲学のレヴィナスのことを書いた記事を見つけた。

【日記/11】先生、レヴィナス、かくかくしかじか。
https://note.mu/czech/n/n99fc6d19e22f

ふ~ん、この人は、頭がいいんだろうなあ?

と、本気で書いてるのか? というようなことをつぶやいてみる。

彼女、女性だと思うんですけど…本気で書いてるの?

師はいつも遠くにいる。そして、いつもとても怖い。



これ、真面目に書いてるなら、ふつうの人だ。
わたしが攻撃する理由はない。
ただ、知識と教養が少し多めの人、みたいな。
だけど、有料記事がバカ高いから、ちょっと油断すると(?)、わたしに批判されそうだ。


エマニュエル・レヴィナスは、ぜんぜんおもしろくない。
というか、西洋哲学は、そう面白くない。
なにがおもしろいのか、わからない。


たぶん彼ら哲学者は、自分たちにしか読めない、という難しい本の世界があって、彼ら住人以外には、生きていけない。
そこから追い出されるのは、頭の悪い凡人、という。


だけど、わたしみたいなバカでも、西洋哲学の本を読もうと思えば読めるわけだし、
彼らの本の解説だって、出来ると思う。


新しく記事を書くのは面倒だから、今度、note.mu に書いた、レヴィナスの本の話を、そのままこの FC2 ブログの有料記事にしようかと思う。
なにげに、note で無料で公開しても、いいんですけど?


う~ん、敵意じゃないんだけど、少し反発してるところ、ありますね。
わたし、自分のほうが頭がいいと思ってるみたいね?
ふつうの noter さんよりね。
だけど、それが間違ってるかどうかより、彼ら noter さんたちが、ほんのエッセイみたいな、わりと軽い文章を、さほど丁寧に書いてる風にも見えない、いわば書きなぐっているかのような文章を、けっこう高額で売っていて、それを実際に買う人がたくさんいる、っていう。


ただのひがみ、やな(笑)
簡単に表現すると、そうなってしまう。
だけど、ひがんでるのは、わたしじゃないな。
なんていえばいいんだろう、客観的に彼らを見てる、わたしの中の、一般の日本人、みたいな部分だ。


というわけで、なんかあんまり頭が良くない人が、
賢くて人気のある note ユーザーさんに、一方的に文句を言う(笑)、
そんなアホみたいなブログに、なりつつあります(笑)


わたしとしては、まさに独り言で、note に書いても、もし誰かが読んだら、それは反発されるしな。
noter さんは、たまに読書家さんもいて、だけど、なんか勘違いしてる人を見かけてね。
あれは、わざとかな?
わからんな~。
なんで、今どき、ナチス・ドイツ?
っていう、わりと若い女性なんだけど、画像にアイヒマンの写真を使ってる人がいた。
なんか、趣味が悪いわ。
向こうがフォローしてきたから、お返ししたのに、いつの間にか、フォロー解除されていた(笑)
変わった人だ。


note さん、これから流行るみたいなんだけど、
わたしの中では、終わりつつある。
まあ、気軽に日記でも書こうかな。


ほんと、わたし、聖書の解説をするときと、
それ以外の話とでは、
別人のごとく、バカっぷりをさらけだす(笑)
なので、
ふだんの寝言日記は、note にでも書いて、
ブログには、むずかしめの話ばかり、
っていう具合に、しようかと思う。


カッコつけても、しゃあないから、そのままで、いいんですけど。
とりあえず、普通の人の文章を読んだら、自分がめっちゃバカに見える。
なんで、わたしの聖書の読み方、間違ってないと思うんだけど、
頭がよさそうな人が、読めないのが、不思議。


う~ん、わたし、そのへんの日本人とは比較にならないほど、聖書を読んだからな。
一時期だけだけど。
そうだな~。
読んだ、というより、あれこれ調べたな。


だけど、本当に聖書を深読みできるようになったのは、それよりだいぶ後だ。
頭の中だけで、聖書のことを考えるようになってから、だ。
むしろ、その過程を、日記風に書き上げたほうが、おもしろいかも?
有料にするか、は別として。
そうだな~、そんなもんまで、有料にするの、なんかイヤだな。
わたし、バカなんだろかな?
そうかもな~。
エゲつないものが嫌いなわりに、いぢわるだしな(笑)
学校にいるときは、こんなイヤなヤツじゃ、なかったんですよ。
ほんと、おとなしめで、いい子でしたわ。
先生に嫌われることは、ほとんどなかったな。


大学では、入学式にバカな自己紹介をして、みんなイヤだったと思うな~。
英文科に入ったくせに、英語なんか嫌いだ、って言ってやったよ。
もちろん、同級生にも、大した友達、できなかった。
仕方ないわ。
うちの大学、めっちゃダサくて、大っきらいだったんだもの。
そうだな、関東地方のオシャレな大学生とかには、毛嫌いされそうだ。
そうそう、女子高生とかにもね。
「ありえなくない~?」
とか、言われそう(笑)
ほんと、わたしの高校の同窓生が、うちの大学の男より、周りの高校生のほうがカッコいい、って言ってた、当時(笑)
じっさい、高校時代のほうが、オシャレな同級生の男の子が、多かったし、うちの大学の男って、バカばっかりだったんじゃないかな。
もう、情けないほどみすぼらしいカッコしててね。
グチじゃないです、失礼。
だけど、もう、絶対、普通の日本人は、もうちょっとだけ、オシャレになったほうがいいと思う。
なんでかって、わたし、頭の悪い人ほど、おしゃれに気を使わない、と言ってるんじゃなくて、
オシャレな人ほど、人からバカにされたりしないんで。
度を超さない程度のオシャレを、心がけるべきです。
日本人は、そうでなくても、見た目カッコ悪いんだから。



え~と…
どうでもいい話ばっかり書いてるな~。
忙しいしな~。
noteに、タダであれこれ書いて、フォロワーさんを増やして、それから本を書くか?
いろんな方法がある。
わたしは、本をある程度売るつもりというよりは、タダで書いて、どれだけ人生をムダにしたか、実験してみたい。
ただ、あれこれ売ってる noter さんを見ると、普通の人がどう思うか、っていうか。
わたしが、普通の人じゃない場合は、意味がないけど、
やっぱ、なんでも売るんなら、ある程度、お金を払ってもらう価値のある文章を、書かないとね。


いまの状況、なんか、誰でも芸能人になれる、みたいな感覚(笑)
ちょっとな~。
ひとむかし前は、芸能人は一部の人しかなれなかった。
それが、今では、誰でも芸能人になれる。
文章の世界でも、似たようなことが起こってる感じ。
別にわたし、芸能人めざしてないんで、たとえが悪いんですけども。




さすがに、こうやって、なにも考えずに書くと、時間もかからず、カンタンだ。
こういう文章を書いて売ってるのが、 noter さんたちだ。
ちょっと、わたしには、おかしいな? と思われてて。
まあ、人気のある有名人なら、お金を払って読みたい人がいるでしょうが。
なんか、そのへんのOL?みたいな人が、自分の日記読んでね、みたいな?
なんで、あなたにお金払わないといけないの? みたいな?


わたしが売ろうと思ってる本は、どちらかというと、知識よりは、知恵が必要なものだ。
だから、知識を売り物にしている人には、ウケないかもしれない。
ただし、誰でも書ける本ではないと、ある程度思えるものしか、有料にしない。


わたしの価値観が、おかしいのか?
それとも?
関連記事
Tag: note.mu
Category: 日記


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する