んで、公開したはずのブログには、読者がいない

これは、さっき昼食後、ボ~と考えていて。

まあ、毎日いそがしくて、しんどいから、ブログなんか、久しぶりに書いてみた感じで。

毎日、家族の分も、フトンを畳んで。
家族は長いこと寝てるからか、畳んだら、フトンの裏側が、カビ臭い。
泣きながら、防カビのスプレーをするんです、布団に。

今朝は、さらに、お布団によだれをつけていて、彼女。
昨夜、珍しく、また歯磨きをする意欲を見せた彼女、
あいにく病院の処方した睡眠薬のため、フラフラになり、歩くのも困難になり、
ウガイもせずに寝た。

そのため、朝起きる前にフトンにつけたヨダレは、茶色し、スゴいニオイ。
思わず吐きそうになった、悪臭で。

こんな毎日、送ってみたい?
って、言っても、だれも読んでないし~。

はやく、このブログ、消そ~っと。



あ~、大河ドラマの件ですが、
「直虎」ですが。
高橋一生くん、小野但馬守の役の彼ね。
彼の子供時代を、小林なんとか君という子役が演じたそうですが、
わたし忙しくて、大河ドラマに限らず、最近めったに観ないんで、知らない。

だけど、この子役の彼ね、いくら小林くんでもね、
小林秀雄の役じゃないと、思うんですよ。
たぶんね、芥川龍之介の役だと思うな、彼。

だから、高橋一生くんね、このまま人気が出たらね、
このドラマの脚本家とかプロデューサーの皆さんたちにはね、
おそろしい誤算だと思う。
なんでって、バカな日本の業界では、芥川をひそかに嘲笑するのが恒例となっているようなので。

誰か読んでたらおもしろいのにな~。
もう消すブログだし、まあ、いいか。。

あれだ、業界人なんて、何十年も前に自殺した、文豪の芥川を嘲笑してるだけ、って感じですよ。
作家とかも、そうだよな。
あんまり本、読まないけどな。

文学者とか、頭が悪いか、おかしいか、どっちかだよ。
いやいや、あくたがわ君は文豪でね、彼らが芥川の死後、芥川を笑っても、だれも芥川の位置まで上り詰めることは、できない。
アホのくせにな、他人を笑うのはな。
あんだ、文句あんのか?
って、誰も読んでないだろ。。


芥川なんか、自殺するから、笑われるんだ。
でも芥川を嘲笑するヤツらのほうが、もっとバカだから、わたしは芥川にはつかないが、
小林とかああいうのには、つかない。
無意味な空回り。


高橋一生くんね、前に「世界の中心で愛を叫ぶ」とかいう作品で、芥川の役をやってるみたいだ。
ウィキペディアで読んだ、さっき。
だけど、あれ、NHKかどっかで放送したのを1回だけ、ちらっと観たことあんだ、わたし。
だけど、あんまりちゃんと観てなくて、彼の登場場面の記憶はない、というよりも、ちょうどその場面を観てないな。

それでこれは、高橋君は、もともと、芥川みたいな役をやってきたのかな、と思った。
ふん、まあ嗅覚は鋭いほうだ、わたしは。
たぶん、どうせ嫌われ役とか、そんな役だ。
かわいそうだが、高橋君は、あんまり人に好かれてないみたいだな。

う~ん、まあ、わたし、無意味ないじめとか、大っ嫌いだからな。
業界人のやってること観てたら、ムカつくんだけどな。
なんで今でも芥川を笑うの?
なにがおかしい?
知らんな~。

ダメだな、この国は。
あれだ、よその国に、言いふらしてやろうか。
そのほうがおもろいわ。
どこも、そんなことやってる国なんか、無いもの。
よその国が子供を笑ってても、元ネタは小説とかじゃなくて、聖書だからな。
あれは、芥川君ではなくて、イエス・キリストとか、ペトロとかを笑ってるだけ、だぜ。
知らんくせにな、勘違いするな。


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する