未必の故意…ではなくて、書く気なし、のおはなし

この記事は、後で消します。
と、いいますのは、いわゆる、「グチ!」なだけで、無意味なので~。


先ほど、ようやく、映画「白いカラス」(2003年米)の動画の本編の鑑賞終了。
しかし、作品末尾のクレジットが、最初のほんの僅かしか無くて、無駄に疲労感が倍増しました。
つまり、この作品を鑑賞するにあたり、わたしは、とても疲れた。
しかも、大して元ネタがわからない(笑)
面倒だから、書きたくな~い。


ふにゃ。
めっちゃ疲れたよ。
3さいくらい、トシ取った(笑)
昨日から、とぎれとぎれに視聴して、ようやくここまで。
たった1日で、3歳、トシとった!
わたしの時間を、返して(泣)


誰も読んでないのをいいことに、独り言をメモるわたし。
さて、この作品は、大半が、どっかの真似だと思うんですけど、親切な人は、元ネタを、わたしにこっそり、教えてください(笑)
もうねえ、わたしのネタでは、半分以下だと、思います。
ヘンな日本語なので、訂正しますが、要するに、わたしが把握した、この「白いカラス」の元ネタの数は、実際の半分以下だと思う。
ですけど、まあ、日本人には、これだけそろえば上等だろう、という。


今回わたしは、「ニコニコ動画」という、有名な無料動画サービスを利用して、この作品を観ました。
なんか、要らんコメントが、視聴者によって書き込めるらしく、画面の上のほう、ズラ~っと流れるんですけど。
この作品ね、人気ないみたいで、それでもコメント数そのものが少なかったみたい。


さっき、ちょっと調子に乗って、ついでに「クリムゾン・リバー」という映画も再生しようと思って、冒頭だけ。
そしたら、冒頭から、大量にコメントが、右から左へ流れていく(笑)
あんなもん、画面邪魔してて、どんな映画か、わからんやろ!
わたしは1回観たことあるから、何とかなるが……
あ~うっとうしいな!
なんやの、あのコメントの雨は!!
バッカみたいな、ジャン・レノ=ジョン・レノンとかねえ、黙ってろ!と、いうようなコメントが…



よく考えたら、「白いカラス」も、「クリムゾン・リバー」も、DVDに録画した記憶があるぞ。
しかし、DVDディスクは、もう処分したような……
なので、古い作品は、どっかで放送してくれないと、観る気にならない(笑)
「白いカラス」は、最初から、つまらん作品だった記憶があって、
きょうも、しんどい思いをして、最後まで、ようやく、観終えました。
つかれたあ。
もう、しんどいよ(泣)
だけど、体調は徐々に上向きになってきたので、明日あたり、大した作品じゃないことを強調しつつ、この「白いカラス」、いっぱつ書いてみます。
大したことは、書けないな~。
誰も読んでないし、大丈夫(笑)
あとでグーグルにかかったら、たいへん…



予習。
この「白いカラス」は、うわべだけ、黒人問題。
しかし、大した話じゃなさそうだ。
原作は小説だそうで、なんとか賞受賞作家だったっけ?
ウソです(笑)
といいますのは、たいした作品じゃ、ございません。
なんでやのん、こんな作品、なんで?
元ネタになってる作品を思うと、首をひねる。

たぶん、作家のセンスが問われる映画。
自作を自分で監督してくださいよ、皆さん。
だって、これじゃあ、映画の監督さんが、かわいそうだ。
話がつまらんも~ん。
ハリウッド定番、なんとかなんとか、という映画のパクリ(笑)
つまらんも~~ん!!



関連記事
Category: 映画と聖書


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する