疲れたな~

もう、クタクタだ~。
昨日は、午前4時に寝ました。
つうか今日の午前4時。
眠いよ~ん。
もう、何もやる気にならない。
お皿洗いも、何も、やってないけど。。
あ~ちょっとお洗濯もある~。
泣くもん。
がんばる。。

居眠りしかけていま~す。
いま何時?
まだ21時半だ。

あ、失礼しました。
いま、ノートPCのキーボードに両腕をのせて、そのうえに頭を載せて、居眠りしていました。

クタクタだよな。
このブログ、読者いるの?
いない、そうだろな?
いや、サラリーマンとかいたら、面白いなと思って。
わたし、ちょっと疲れすぎでしょ。
たぶん、その辺のサラリーマンや主婦より、動く量とか時間、すくないんですよ。
ただ、嫌がらせのせいで寝不足だから、それでしんどいだけだと思う。
これは、ふつうの人は、感覚、わからんと思うわ。
だけど、わたしのまわり、いろんな人が、こんな感じだった。

性格とか、そういうの、嫌がらせの標的には、なってない感じだからね。
ただ、音に反応してるだけだ。
相手はキチガイ。
町内のヤツなら、町内の人にしか嫌がらせをしそうにないけどな。
うちの学校や、会社の人まで、巻き添えになってるからな。
いくらどっかの誰かさんとこのガキどもが大笑いしてたって、あいつらは、関係ないよ。
あいつらは、どう考えても、うちの人間しか追いかけてないつもりでいるからな。

なんか、勘違いしてるだけ、って感じの人たちだ。
誰が大笑いしてるのか、ずっとわからなかったけど、ある時、たまたま、向かいのアパートの娘らしき女が、わたしの家のすぐそばの路上で、自転車に乗ろうと、ハンドルを握って立っていた。
そばにもう一人、女がいて、向かいのアパートの女だった。
わたしより少し年配で、おそらく、隣にいる女の母親だった。
母親のほうは、見覚えがあった。
わたしが、向かいのアパートも怪しいと思って、うちの2階の窓から、姿が見えないようにして、見張っていたからだ。
うちの2階の窓は、大半がアルミ製のブラインド。
だから、外からは、うちの中の姿が見えなかっただろう。

わたしはだから、向かいのアパート、母親は前から見たことがあった。
会ったことはない、というか、路上ですれ違ったこととかは、無かったと思う。
だけど、あの自転車で二人で出かけようとしている時、母親のほうしか見覚えがなかった。
隣の女は、「あんた誰?」っていう、いわゆる「ガングロ」の化粧をしていて。
素顔がまったくわからんメイクだった。

で、そのガングロ女のほうが、聞き覚えのある笑い声を1回だけ、わたしの姿を見て、というかわたしと目が合った瞬間に、立てた。
めっちゃデカい声。
目の前で聞いて、あれだからな。
というかな、もっと、考えられんほどの大声で笑うのを、何度か聞いたことがあってね。
たまたま、店の駐車場で、自転車をとめようとしてたら、なんか、そばに誰もいないと思い込んでるとおぼしき、猛烈な大笑いが聞こえたことが、2、3回あってね。
あれだ、拡声器?
なんていうの、マイクとかね…
スピーカー、とかね。
とにかくね、肉声をそのまま聞いているとは思えんほどの、すさまじい大笑いを、聞いた。

それらがみんな、わたしをひと目みただけで笑った、あの、向かいのアパートの女の横にいたガングロ女、あいつの笑い声だった。
だから、わたしは幸いだ。
ふつう、まったく付き合いも無く、会ったこともない家の人間の場合、そいつの笑い声なんか、聞いたこともない。
わたしはたまたま、あのガングロの隣にいた女が、向かいのアパートの女なのを知っていた。
だから、あそこの娘だろうと思った。
それがなかったら、今でも、どこのキチガイが笑ってるのか、見当もつかなかっただろう。

だけど、わたし、あそこの娘に笑われる理由なんか、無いしな。
中学しか卒業してないくせにな。
ふつう、いまどき、高校くらいまでは、進学するもんだ。
どうせ、ガキの頃から、公会堂にいりびたっては、うちのことを笑ってるつもりでいたから、頭の病気になったんだろ。
いや、ふつう、中学は義務教育だから卒業資格がもらえるだけで、たぶん、小学校もまともに卒業できんほどの学業成績だったに決まってる。

なんか、くたびれてるのに、なんでこんなこと書いてるのかわからんから、やめる。
読者なんか、いないんだろ。
アクセスするページが、最新記事じゃないもんな、いつも。
グーグルから来てるみたいな風に見えるけど、ほんまはどうだか。
読んでる人、いないよな~?
いたら、どうなんだろ。。
まあ、学校の成績が悪い人が、地元で一番勉強のできる人が進学する大学を卒業してる人を笑うのは、どういうことかな?
それは、相手のことを、何も知らん、ってことだな。
そうなるな。
まあ、うちの中学の、年の離れた後輩、ってことですから、相手は。
そうとう、頭が悪いもようですよ。
あんた、だいぶ年長のOGに向かって、大笑いするガキ、いるか?
いないだろ、ふつう。
そうだな、たぶん、地元でどういう階級構造とかあるのか、知らんヤツらだな。
多少、ヤンキーの知り合いがいる程度で、他に何も知らんらしいな。
だけどわたし、同級生のヤンキーとケンカしても、負けたことがないからな。
何も知らん連中なの、バレバレだろ。

いちど、うちの兄弟と、言い合いになった、というか、うちの兄弟が、あの母親にインネンつけられたことがあってね。
あいつらが、夜遅くにアパートの駐車場で爆竹ならしてて、迷惑だったらしくてね。
注意しに行ったらしいんだよね、うちの兄弟が。
それだけなのに、向こうが文句言いに、うちに乗り込んできたことがあってね。
だけどその時も、わたしは留守だったから、母親の顔もロクに知らんでね。
後で、うちの窓から向こうのアパートを見張ってて、ようやく、母親の容姿を把握してね。
そんな感じだ。
知らん相手が、ああも大笑いするのは、げせないな。
頭がおかしい連中なの、バレバレだろ。

あのな~、ヤンキーは、見さかいなく、あちこちにインネンつけてくるんだよ。
ムカつくから、どつき合いのケンカしたことがあってな。中学の時な。
みんなが見てる目の前で、教室の中でな。
あんなもん、相手が悪いから、わたしのほうが本気で怒ってな。
二人そろって、先生に呼び出されて、授業をお休みした。
ヤンキーのほうからケンカふっかけてきたくせに、ビビりやがって、教師の目の前で、泣きながら、わたしに謝るんだよ、
どうせ、あれも演技だろうな。
アホが、腹が立つよな。
んだけど、誰も相手にしないほど、本気で激怒したわたしは、
その後、ヤンキーが、遠ざかる存在となった。
まあな、相手が悪いのに、わたしが怒られる理由は、無い。

だからな、近所の爆竹の件もな。
わたしがケンカ相手だったら、どうなったんだろな。
あのな、まじめなおとなしい人のほうが、本気で怒ったら、鬼気迫るからな。
たぶん、普段おとなしそうな人のほうが、何やるかわからんから、怒ったら、コワイんだろ。
まじめに、殺されそうな雰囲気、わかりますかね?
わたしね、あの時、うちの兄弟じゃなくて、わたしが向かいのアパートの母親と言い合いになってたら、
相手は、死ぬまで、うちのこと、笑うこともないし、小さくなって生きてたと思うね。
中学の時の経験から。

中学の時も、ガリガリのバカっぽい子供だったんだけど、わたし。
だけど、塾の先生も、わたしが怒ってるのみたら、怖がってたからな。
わたしの時だけだったな、スパルタ教育で有名な塾でね、
逆に、塾の先生が、生徒を怖がるなんて、ほんま、わたしだけだったな。
何がそんなに、怖かったんだろうな?
わからんな、ただムカついてただけ、だからな、わたしのほうも。

あの~、もうお皿洗う時間なんで。
その前に、ベッドメイクの時間だ。兄弟の。
あの~、今日から楽天セールだっけ?
忙しすぎて、今頃思い出したわ。
どうしようかな、洗剤とか、ちょこっとだけ、注文する予定だったが。。
もうねえ、昨夜午前4時に寝た時点で、セールなんか、忘れてたわ。

もう、学校の先生が、わたしをバカにして嘲笑する、とか、
そういう雰囲気の子供じゃなかったの、わかりましたか?
先生の皆さん?
あれだ、優等生っていってもね、ちょっととびぬけた雰囲気のね。
まじめじゃないから、卒業生総代、みたいなのは、やったことないんですよ。
だけど、全国模試で何位、とか、そういう優秀者の成績みたいなのは、
わたしのほうが、他のまじめながり勉さんたちより、成績よかったんですよ。
学校の先生はだから、入学早々から、わたしを特別扱いしてるところがあってね、
中学の時も、高校の時もだ。
みんな知ってた、全国で何位、とか、ずば抜けた成績を出すわたしのこと。
だからな、怖がられてるつもりはなかったが、学校の先生も、塾の先生と、変わらんかったかも。
ただ、塾の先生は、まじめな学生とは思ってなかったと思うから、それで、
わたしが、がり勉でもないのに成績優秀だから、怖かったのかもな。
わからんな。 
あそこの塾、いろんな小テストを毎回やるんだけど、
何点以下の生徒はみんな、ほっぺたをビンタとか、竹竿でおしりをぶん殴るとか、体罰があったんですよ。
めっちゃ痛くてね、本気でムカついてたらね、
先生が、ほかの生徒に、ひそひそ声で、わたしのこと、怒ってるか? とか、聞いてんの。
アホか。
痛いんじゃっちゅうの。
マジ、アホらしいわ。
だけど、ほんまに、わたしだけだったな、あの先生があんな態度とるの。
そうだな、ヤンキーババアどもに、教えてやりたいな。
あの家の女、わたしのこと、存在するのも知らん、みたいな感じだからな。
うちの家が大家族で、兄弟もたくさんいたのも、知らんらしいわ。
頭がおかしいやつらは、大きな一戸建てに、一人しか住んでないとか、思い込むらしいわ。
あんだ、家族全員、笑うなんて、ありえんだろ。
だれだ、あいつら。
爆竹もって、自爆してやろうか?


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する