本日の訪問者は、2人です

ん、ひさびさに、訪問者すくなめ。
うれしい。

あの~、最近のわたし、ちょっと心がすさんでて、
首が寝違えたみたいで激痛なのも、関係あるし、
まあ、首が痛いと、まともに掃除とかできないんで、それでかな?
毎日、スゴい運動量みたいだな。
どうりで、ガリガリなままなわけだ…
たぶん、ふつうの同世代の女性が、同じ量を食べてたら、
ぷっくぷく。
もともと体脂肪が無いんで、わたし。
脂肪がたまる場所がないよ~ん。
うっそぴょ~ん、って言いたいけど、
むかしっから、いつも、体重と身長の比率から割り出す数値では、
「やせすぎ」と判定されていた~。

ん。
どうでもよひ。

あの~、心がすさんでて。
さっき、ちょっと映画の元ネタ関係のウェブページをあさっていた。
前に、偶然知ったページを、探していた。
そしたら、そのサイトの別の記事ページも読んで。
心がすさむね、ああいうキモい話ばかり掲載してるサイトを見ると。

人間なんか、こんなもんか?

いや~、わたし、ふつうの日本人よりは頭がいい、
つまり知能指数も上なんですが、
たぶん東大卒のインテリと同じか、彼らよりは上。

あの~、就職試験の時にね、試験結果を社長から聞かされてね。
その知能指数の試験でも、わたしの成績は良かったらしいんですよ、
先生が、いや社長さんがね、説明してくれてね。
わたしの試験結果は、総合ではさほど目立った成績ではなかったらしいが、
ある分野では傑出した成績で、上位1パーセント以内だと、言っていました。

だけどね、わたし、その当時、もうキチガイどもに追いかけられて、
嫌がらせが激化しててね、本人は知らなかったわけですが。
試験の当日、眠れなくて、ぜんぜん、頭が働かなかったの。
焦ってたというか、ボ~っとしてた、いや多少緊張してたな。
まるで、実力を出せなかったな、という記憶があるんです。
なのに、試験の結果は、まあまあ良かったそうですよ。
わたし、嫌がらせされてなかったら、知能指数の試験、スゴい成績なんじゃないかな。
あの~、IQね。
悪いけど、たぶん150くらいは余裕だから、180くらいは、あるんじゃないかな。
あの~、これはジョークでは無くてね。
いつも嫌がらせされてんだもの、小さい頃から。
たぶん、母親のおなかの中にいた頃から、ね。
異常です。
うちの家族は代々頭が良かったみたいだからね。
それで何とかもってるだけで、ふつうの人は、学校の勉強もできず、グレてヤンキーになってるかもね。
そうね~、うちの学区、ヤンキー、チンピラだらけ、だからねえ…
なんとなく、このキチガイどもの陰湿な嫌がらせのせいのような気が、しますねえ。

うちの学区、小学校、中学校とも、ガラはあまりよくなかった。
特に中学ね、全国区の不良中学でね。
校内暴力のニュースが全国報道されてたよ、当時。
窓ガラス割ったりね、当たり前のようにね。
あの~、スゴい乱暴な上級生が数人いてね、地元ではものすごい有名な。

しかし、彼らのせいじゃなかった気がするな。
被差別部落の多い学区だが、それだけじゃない気がするな。
いや~、親がドチンピラで、ヤクザくらいにしか見えへん家庭もあったけどね。
どうも、このキチガイどもが嫌がらせしたら、誰でも怒るから、関係ありそうな気がするな。
誰も嫌がらせには気づかない、というような場合でも、イライラしたりすると思う。
だけど気が付く人も多い、そりゃそうだ、突然足が痛くなったり、痛くなくなったりするんだもの。
あの~、ビリビリというような、電流らしい痛みじゃなくて、激痛もね。
そうね、説明するの、アホらしいから、やめとくわ。

いま、家族に家事を頼まれたんで、ちょっと中断。

んと、いま用事が終わったんで、再開。

えっと、でも、軽い掃除を伴う作業だったので、息が弾む程度の運動みたいな。
う~ん、太らない(笑)
いや、自慢ぢゃなくて、ただ、もうちょっと、太りたい。
なんか、やせてると、不幸そう。
ぽちゃっとしてるほうが、カワイイよな~。
う~ん、女性には、ドツかれそう…

え~っと…
あの、芸能ニュースとか読んでても、わたし、気分が悪くなることが多いんです。
時間のムダだったな~、とか、世の動きとズレてるな~、とか、不快感が増す。

だけども、今夜は、先日みかけた、ある記事ページを探してて、類似の記事ページもちょろっと読んだが、キモくて、気分が悪くなった。

そりゃそうだろ、やっぱりな、頭がわるいアメリカ人が作る映画の元ネタなんか、知れてるわ。

ガキみたいなの、アメリカ人たち、ほんと、これ、純粋な悪口だわ。

うん、わたしもガキみたいな文体で書くの、やめるわ。
読む人によっては、気分が悪くなるに違いない。
なあんてね。

でもね、わたしの文体ね、千年たっても、とは言わんが、
まあ100年後でも、古くはなるまい。
なぜって?
赤ちゃん言葉っていうかね。
幼い子どもは、似たような言葉をしゃべるでしょう?
死ぬまでじゃなくてね、小さい間だけ、だけどね。
そうすると、科学の発達とは無関係に、子供がしゃべるような言葉づかいの文章だと、
その辺の幼い子供たちが、いつまで経っても似たような話し方をしているかぎり、
その文章は、古く感じられない。
という結果。

逆に、オトナの文体だと、
世の流行とか、文化の推移とかで、刻々と変わっていく。
だから、私小説とかよりも、ふつうのエンターテイメント系の小説とかね、壊滅的な打撃を受けますね。
インターネット用語が入ってない、古い時代の小説は、もう、やられてるでしょ?
そんな感じ。
あの~、「ポケベルが鳴らなくて」とかね。
イタいでしょ、今ではね。

え~っと…
ふだん、タメ口で、バカっぽい言葉づかいではあるが、
そういう、ビジネスにも直結することを、わたしはよく、考えています。
うん、あんまり、人をナメないほうが、いいよ。
わたしのほうが、ビジネス感覚、優れてる気がするしね。
いやいや、タメ口で、失礼。
あの~、バカっぽいけどね、わたし、45歳なんで。
うん、1歳もサバ読んでないです、正味45歳(つうか満45歳)。

あら~、大変ね。
知らなかったね、わこうどよ。
わたしのほうが、年上よ。
子供みたいでしょ、らりってるしね。
でもね、わたしね、ふつうの頭よ。
それでね、ヤンキーばっかりの学区でね、小さいころからずっと、成績優秀者でね。
ず~~っと、賢いのを、同級生にも、先生がたにも、知られててね。
だからね、バカっぽいけど頭がいい子というのはいる、っていうのを、
この地域の人たちは、よその人たちより、わたしを見て、学んできた。

うん、遅れてきたバカぢゃなくて、逆よ。
みんな、後から、わたしの周りの人みたいな経験を積むの。
わたし、バカだけど、賢いの。
不思議ね。

あの~、誰も読んでないと思って書いててもつまらないから、
語り口調だけど、
ほんと、誰も読んでないかもしれないから、
この辺で。

気分が悪くなったから、八つ当たりじゃなくて、うっぷん晴らそうかと思って。
でも、もうやめた。
この国では、バカが多くて、インターネットで調べ物をしたら、逆に不快になることが多い。
めっちゃバカが多い。
読んでためになった、と思うことのほうが少ない。
驚きあきれることが多い。
楽しいことが少ない。
困ったな、インターネットって、バカがやるんだ?
だけど、ネット通販、必ず月1回はしてるしな。
うん、困るよ、ネット通販が無くなると。
お金の問題じゃないの。
わたし、かよわい女の子だし、車ないし、大きいもの、重い物、運んでもらわないと。
は~い、もう、どうでもいいことばかり書いてるので、この辺で。

だけど、いちおう、映画の感想を書くのに、下調べを、していたのでした。
よいこのルカたんでした。

首の激痛も、すこしずつ、やわらいでいます。
家事に異変があり、掃除の時間が激減、お料理も手抜き。
えへへ。
んっとね、もともと、わたひの料理は、手抜きなんれ~す。
なんでって?
うち、フライパンが、無いのん。
あの~、フライパン。
うん、無いの。
焼いたり、炒めたり、出来ないのん。
うん、困ったらね。
だから、レンチンばっかりよ。
爆笑!
えへへ~。


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する