読んでないフリしてるのか、逆なのか、わからないな~

んだけど、「誰も読んでない」なんて書いてる記事ページに、検索エンジンから直接訪問できるわけがないもんね。
一般のキーワードでね。

だけど、わたし、訪問者がマスメディアの関係者だけだなんて、夢にも思ってないんでね。
たぶんFC2ブログのユーザーさんが大半だと思うな。
なんでって、古いブログの話、ぜんぜん知らないように見えるからね。

そうだな、あの、「ダイヤルM」の話、読んだことある?
いや、わたしが前に書いたやつ。
さ~て、もう半年以上前だな。
まだ暑かった頃だから。

いやいや、わたし、「ダイヤルM」とかも、映画の感想を書こうかなと思ってたことがありましてね。
その頃すでに、ハリウッド映画の大半は、こういう感じの作品が多いのを、わかってました。
だけど、映画の解釈よりも、訪問者の態度が悪そうだし、つまらんから、書くのやめたんだよね。

ええ、あのね、要するにね、あんたがた、訪問者さんたち、態度が悪いようにしか、見えへんのね~。

何も知らないFC2ブログユーザーさんも、まれにはいると思うんで、彼らは除外。
だけどまあ、知らんのはいいけどさ、なんで、グーグルから来るフリ、するのさ?
グーグルから来たって、誰もそんなとこ、訪問しないでしょ、みたいなページにアクセスが集中するんですがあ?

いいよ~ん、わたし、誰にも知られてないだけで、いざとなったら、即、大地震だからね。
前に、熊本地震が起きた時も、直前に、やっぱり、このブログの訪問者にね、この無礼者、キチガイにしか見えへん、みたいな口調で書いてたよ。
やっぱな、ブログの読者が一番、腹が立つわけじゃないのにさ、これですよ。
どうなってんの?
前に、新潟中越地震の頃にもね、似たようなことがあったよね。
あの頃のわたしは、不特定多数の読者がいるとは思ってなかった。
今のほうが、読者が多い気がするんですよ。
口コミでね、読めるしね、
FC2ブログの窓口ページにも、ユーザーの最新記事の一覧があるんじゃなかったですか?

そうでしょ、FC2ブログのユーザーなら、誰でも読める、つうかそこからなら、誰でも読めるんですよ、このブログはね。
だから、何を書いても、非公開の話ではなくて。
んだからね、熊本の地震の被災者が読んだら、怒るか、卒倒するか、知らんけどね。
わたしね、今でも、自分が熊本地震を起こしたの、わかりますよ。
しかしね、また再現する気には、ならないの、被災者に気の毒でね。
だってね、熊本の人じゃないから、わたしが怒ってたの、読者たちだから。
ねえ、神様ね、いぢわるでしょ。
だけど、わたしが怒ったら、神様は、大地震、大事故、大災害、でお応えくださるの。
それが神様なんだから、仕方がない。
神様は、人間のことなんか、愛してないわ。
だって、わたしが苦しんでても、基本、放置されてる感じがするしね。
ええ、わたし、被差別部落じゃないんだけどね、なんで笑われたり、嫌がらせされたりするの?
そう、たぶんね、相手が被差別部落のヤツらだから、そうじゃないわたしたちが、標的になってんだ。
たぶんだけど、この連中、全員、被差別部落の可能性がある。
だって、遠い過去、重い犯罪を犯した家族は、みんな、被差別部落として、ヨゴレ者、非人、誰にも愛されない、そんな人たちになって、階級の区別がつかない、そうそう、インドの被差別階級みたいな感じになってね。
それがずっと続いた国だからね。
あんた、ふつうの階級の人には、相手にされない人たちだよ。
だから最近でも、学校は行けても、就職はできない、結婚もできない。
うちの家族にも、被差別部落と結婚したのがいてね。
もちろん、実家と縁を切りました。
はい、だからね、そういう家庭だけじゃなくてね、被差別部落は、延々、差別され続けるの。
うちね、そうじゃない人たちだからね、被差別部落が逆恨みしてる、っていう可能性はある。
なにしろ、わたしのおうちは、被差別部落が混在する、いわゆる混在地区なんですよ。

あの~、家庭訪問をするような、学校の先生だったら、なんとなく、察しが付くと思います。
要するに、考えられんような、ボロい、汚い家に住んでる人は、部落の人の可能性が高い。
ふつうに就職できないから、代々。
親が貧乏で、子供も貧乏で…っていうやつね。
母子家庭なんかじゃなくても、とても貧しい、家が買えない人たち。

この町内は、被差別部落はいても、そうじゃない家庭も多く、家は小さくても、被差別部落じゃない人も多数いる。
そこで、被差別部落の人は、どうやって過ごすのか?
どうかな、難しいでしょ、だって、表向き、挨拶とかはしても、相手が被差別部落だったら結婚を許さない、っていう家庭が多いんだから、今でも、この国は。

いや、仕事してなさそうだからな、たぶん、部落の奴らだろ。
子供のころから、人々に差別され続けて、頭がおかしくなったんだろ。
たぶんそうだ。
うちみたいな、わりとまともな、サラリーマン家庭のほうが、憎いみたいだから。
そうだな、まあ、うるさいキチガイを狙ってるだけ、っていうつもりなのも、バレバレなんですけどね~。
うち、誰もそんなにうるさくないからね、耳がおかしい連中が、勘違い、人まちがい、延々。
わかるんだけどね、うちの向かいの家のキチガイが、めっちゃうるさいから、よそが聴いたら、どこから声や音がしてるのか、わからんかったんだろ。耳のおかしい連中だから。

あれ、何を書こうとしたのかな~?
まあね、わたし、今日は朝から、仕事も何もしてなかったんですよ、
指をやけどしちゃってね、ヒリヒリと痛くてね。
お昼ご飯の後すこし休んでから、ようやく、おうちを少し片付けて。
疲れた。
うん、このまま、だらだらと時を過ごして、死ぬのかも、しれないな。
暇なほうが、幸せだな。
少々、家が汚くても、暇なほうが、いいや。
考えが、変わってきたな。
そうだな、映画や聖書のはなし、この国では、嘲笑するフリをするアホが後を絶たん感じだから、やめてやるかな?
楽しみだな。
そりゃそうだろ、外国人には、芥川龍之介なんか、どうでもいいんだよ。
誰も彼を笑ったりしてないからな。
おかしな国だ、バカに決まってら、日本人なんか。
ふつうの頭なら、とっくにわかるもん、外国の映画とか観てたら。
そう、残念ながら、日本人は、バカかキチガイばっかりなんだろ。
そうですね、インテリさんがた、もしこれを読んでらしたら。
あんたがた、芥川を笑ってただろ、ずっと。
そう、そんな外国映画なんか、無いからな、
日本人が知らんでも、外国人は、映画の制作者が証ししてるからね。

「ダイヤルM」なんかさ、誰も知らんみたいだしな。
おかしな国だ。
小林秀雄なんか、アメリカ人が彼の話を聞いたら、鼻で笑いそうだ。
そりゃそうだろ、相手が違うもの、アメリカ人の標的になるのは、芥川みたいなのじゃないもの。
知らんわな、わたしのせいじゃないもの。
ね、日本のインテリは、芥川龍之介を嘲笑するでしょ。
彼ら、みんな、バカかキチガイ、なわけ。

ん、きょうはね、手の指がヒリヒリ痛かったからね、八つ当たり。
ここらで、おあいそ。
失礼いたました。

映画の話ね、まともに書くかは知らんけど、
ある程度は書くからね。
相手がバカかキチガイなのは、当然、わかるように。
だけど、ハリウッド映画がバカなのも、わたしのせいじゃないから。
知らん、映画なんか、バカが作るんだろ。


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する