このデザインテンプレート少し使いにくい

このブログのテンプレートは、FC2 ブログの管理画面からダウンロードして使える、一般ユーザー作のもの。

最初は、 note.mu で写真をアップロードするようになったわたしが、写真を効果的に表示できるテンプレートを探していて、これを見つけた。

単に、FC2 ブログのユーザーテンプレートの中で、一番新しかった、というのもある。
古いテンプレートは、使われている CSS の記述などが古いから。
できるだけ新しいのを使うつもりだった。

20160203_Template.jpg
で、このテンプレートを選んだのだが。
このテンプレは、記事本文に1枚以上の画像が無い場合、ブログのトップページの各記事に表示される画像は、No Image と表示されてしまう。
この No Image くんが、とっても無粋で、表示させたくない。
テンプレートいじるの面倒だから、仕方なく、代わりにブランク画像を入れることにした。
だけど、これでも、真っ白の画像が、ぽつんと表示される。
なんかバカみたい……


それで、テンプレート作者さんのページを見て、なにかカスタマイズできないかと思って、訪問してみた。
すると、テンプレート関連の記事ではなくて、メンタル、スピリチュアル関連の記事が目についた。
ためしに読んでみた。
あら……


このテンプレ作者さんは、あんまり凝ったテンプレでないだけに、大したことはないと思ってはいたものの。
なんと、精神障害者さんだった。
これはマズい。
間違いなく、統合失調症である。
彼女自身、統合失調症についての知識はあり、自分の幻聴を他人から見ると統合失調症だと解説してはいるが、そんなもの、当たり前だ。
困ったことだ。
気の毒だが、統合失調症の人なら、かなり、普通の人との意思の疎通に問題が出る。
たいてい、相手の話の内容を、正確に理解できない。
独り言みたいだけど、精神障害者をただ気の毒な人だと思い込んでる人には、痛い話だと思う。
早い話が、ただ弱い人、頭が悪い人が、自分のおかしな妄想を真実だと思い込み、「それは病気だ」と丁寧に伝える周囲の人間をおかしいと思って敵意で受け止めたり、被害妄想が強くなったりするものだ。
統合失調症の場合、妄想の強さ、幻聴、幻覚の強さ、などが診断の決め手になると思う。


それで、頭がおかしい作者さんのテンプレは、できるだけ使いたくない、というところ。
どうするかな。
さすがに、 FC2 ブログの管理画面だけでは、こんな情報、わかるまい。
人間なんて、そんなものだ。
しかし、色づかいなどは、ちょっと独特というか、一見すると、ふつうの人よりオシャレに見える。
だから、画家なんかは、統合失調症の人がいるかもな。
たしかに画家なら、精神病でも不都合はない、絵が評価されればいいわけだから。
アメリカの映画にも、そういうのありましたね、「妹の恋人」とかね。
またジョニー・デップですね。
あの共演した女優さんは、かなり本物の精神障害者に見えるから、演技うまいですね。
精神病院にあのまま入院しても、誰も気づかないと思いますよ(笑)


さ~て。
テンプレート、どうするかな。
もう、聖書の話を中心に書くから、今のテンプレ使うのやめるかな。


あ、そうだな。
もう1こ、アカウント登録して、別のブログを作るかな。
そうしよ。
FC2では、1人1アカウントなわけですが、別に、わたしの人格には1人分ずつアカウントが必要なのだ、と言い張れば(笑)かまいません。
そうね、多重人格者って、たいてい、1人の人格が出てる時には、それ以外の人格は全くお留守で、記憶があいまいだ。
要するに、ただのバカが多重人格者のフリをするわけだ。
不都合なことは避けるウソつきが。
たぶん、相当に性格の悪い、頭の悪い人だけが、多重人格になると思う。
統合失調症も、じつは、そのケがある。
いかにも頭の良さそうな統合失調症患者がいるが、どうかな。
そうだな、米映画「ビューティフル・マインド」がありましたね。
あれは統合失調症の数学者の話で。
なんぼ数学でスゴい賞をとっても、ただの精神障害者。
これは、相当に頭の悪い人であることを意味する。
つまり、自分の思い込みが、ただの妄想に過ぎないことを認めることができない人、が、統合失調症になるわけです。
彼の数学理論は、だから、後世において否定されることも、ありうる。



まあ、どこかの芸大でてても、頭がおかしい人であることがありうる、っていう話だから、
反発されるだろうな。
しかし、これは、ふつうに当たり前のことです。
統合失調症は、かなりポピュラーな病気。
たしか、100人に1人が統合失調症です。
そのへんの人が、知らないだけで、統合失調症である可能性はある。
それで、頭のいいはずの科学者とかね、学校の先生、あるいは、精神科医でさえ、統合失調症の可能性は、あります。
皆さんも、気をつけてください。
まあ、世界大戦の頃、この国の為政者、あるいは軍部の人間が、頭がおかしかったのは、当たり前、っていう話。
マスメディアもそう。
当時、大本営の発表とかいって、ウソばっかり報道していたのは、有名な事実。
事実を認めないで、ウソばっかり報道するのは、健常者には、なかなかできませんね。
まあ、今でも、大企業でも粉飾決算とか問題になるから、どうでしょうかね。



さて、このへんで、この話は終わり。
編集画面がフリーズして、記事のうしろのほうの文章が消えてしまったので。


このブログは、誰もアクセスして来ない日もある。
もう、何も書かないかもな。
それか、聖書の話などを適当に書いて、そのまま電子出版するか。
とりあえず、クリスチャンが「われわれはバビロンだ」というのは、日本人には、たぶん、笑われると思うんで、それを知らない人は、気をつけてください。
普通の日本人は、クリスチャンのことなんか、真面目なバカだと思ってるに決まってるんで。




関連記事


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する