イケダハヤトさん、人気あるな~

さっき、note でフォローしてくださったがたぶん解除しているという人の note を見ていました。
こういう人は、ランダムに大量の noter さんをフォローしていて、逆にフォローお返ししてもらってない感じの人が多いみたい。
そりゃそうですね、いかにもテキトーにフォローしてる感じなんで。


だけど、こういう人のフォロー一覧を見ると、大量に知らない noter さんへのリンクが読めるので、けっこうおもしろい。
というか、たまに、ヘンな人がいる(笑)
昨日だったか、貧乏だから、トイレットペーパーでドレスを作ってみた。とか、バカなことをやってる人がいた。
ほんま、ありゃ、ただのバカだな。 ウケ狙い(笑)
なのに、真面目にコメント入れてるバカ…じゃなくて、いい人(笑)がいた。
スゴすぎる(笑)



さて、さっき、 つい最近 note.mu はじめた人を発見。
なんと、本物の、牧師さんで~す。
バカなことに、また、イケダハヤトさんのブログを読んで、note を知って、はじめた、んだそうで~す。。
なんやの、おもろない国やの~。
まあ、どうでもいいんだけど、それで、牧師さんって、礼拝のたびに、ちょこっと説教するんだって。
へ~。
プロフィール画像は、ぶどうの絵(笑)
あかん、ただのバカ(笑)
ぶどうね、そうね、ただ、ビタミンが少ないくだものだから、大したことないよ、って言ってるだけさ!
そうねえ、もっとビタミン豊富なくだもののほうが、体にいいし、たぶん、頭にも、いいよ(爆)



まあ、日本人だけじゃ、ないやね。
そういえば、この前おもいついたばかりの聖書の読みかた、聖書本文を読み始めて、わずか数分以内にやめました。
やっぱりね、わざとじゃないけど、これはありえないな、という読みかたでした。
それで、それまでの自分の読みかたは、まず間違ってないな、とは思った。
本に書こうかな。
そうだな、もう頭わるい日本人なんか無視して、ただ本を書けばいいや。
売れないと思うけど。
ブログの記事にするより、すぐ本にしたほうが、いいや。
バカがブログ読んでそうで、なんとなくだけど(笑)
あっ、知らない人が読んでたら困るから、注記しますと、このブログは、たまに、正規のビジター以外の、知らない人が、横から読んでるかもしれない、という妄想(笑)による、被害妄想的な文句が入ることが、まれにございます。
わたしは、精神病じゃないんで、もう、あんまり、書かないと思いますけど。


そうだな、これは、健常者を精神障害者扱いする──弱者をいぢめるバカ、の悪行を、神様がこらしめる、の図だな。
そういうことにしておこう。
そうだな、わたしは別として、もし知らない人が同じ扱いを受けたら、その人は、うちの家族みたいに、普通の女子高生だったのに、突然精神障害者になってしまうかもしれないな。
そうだな、これによって、その不正規のブログ読者たちは、地獄に落ちる、というわけだ。
ははは!
どうかな、マジで、うちの家族だったら、耐えられんと思うな。
わたしは、たぶん、普通の人だけど、彼女は弱いほうだけど、それでも、普通の人でも、なんか困ることが起こる気がするな。
わたしは、神様に愛されてるから、別格ですけどねえ、ねえ?
だけど、普通の人間は、きっと、自ら地獄に突き落とされるんですよ。
で、わたしはきょう、映画の話を書く予定で、頭にその予定はあるのだが、こうやって、知らない noter さんにツッコミを入れるほうを取る。

日々、書かないで済ませたネタが増えていく。
いいんです、わたし、大量に無料記事を書いてきた人間ですんで。


そうですねえ、じっさい、わたし以外の誰かが、同じ目にあったら、神様は、その人を、お救いになるのでしょうか?
ムゴい話ですけど、わたし以外の誰が、神様にお救いいただけるのか?
わからないな。
じっさい、胸に手を当てて、考えてみてください。
わたし、これでも、難しい話、書いてるつもり、ないんですけど。
よそのブログをちらっと読んだら、絶句。
note でも、絶句。
いや、 note は逆に、最初からエッセイとかみたいな、軽いおはなしが多いから、別。
ブログは、かなり真面目に映画の感想を書いてる人がいる。
困るわけじゃないけど……
まあいいわ、わたしも聖書の精読をする前は、映画の見方、いまと違った。
そういうわけで、頭はいいが、聖書に詳しくない人は、映画の見方がちょっと違う、というだけだ。
確かにそうだ。
映画「グッド・ウィル・ハンティング」とか、聖書の精読前に観たことあったっけ?
だけど、ああいうのは、特に感動しなかった。
なんかね、名演かもしれないけど、わたしには、ウソくさくてね。
子供の頃から、敏感なんで。
そうそう、だから、もっとシレ~っとした演技をする役者の映画のほうが、誤解する。
むしろ、熱のこもった、いい人なんですけど、みたいな話のほうが、わかりやすい、映画の悪意は。
だから、わたしは、特に人を笑うべきではない。
だけど、日本人には、特別に擁護すべき何かがあるとも、思えないわけだが……
そうだな、マスメディアはバカばっかりだしな。
獣の国のはなしとかね。
誰かに言いふらせるのかな~?
ん?
そうねえ、獣の国といえば、当然、偽預言者による獣の刻印、というわけだが?
これが、バビロンの滅亡の原因となるのか?
それとも、バビロンが人々に刻印を与えるのか?
どうかね、人間が、獣の刻印を人にあげるわけ?
そう、それは良かったね?


と、いうわけで。
わたしは、実に、黙示録は矛盾だらけ、人間ですがどうかした?みたいな人たちは、こういう話、無視するんですよね、ということを書いています。
そうだろ。
映画には、大してツッコミ入れてないだろ。
だって、人間の国なんか、黙示録のどこにも、出てこんよ。
せめて、人間であって、獣である、みたいな、イエス・キリストがバビロンに見える、くらいのもんだ。
黙示録だけを読んだらね。


だけど、いくらバカでも、クリスチャンみたいにねえ、「われわれは人間だ、イエスを犯して笑う」とか、言い張るバカ、いるか?
普通の日本人に?
それは、そういう聖書の内輪話を知らないからだよ、日本人がバビロンを支持するのは。
頭わるいじゃん、クリスチャンって。
牧師がそうじゃん。
ぶどうの木だね、確かに、ヨハネによる福音書に、書いてあるよ。
イエスはぶどうの木だ。
だから、彼は、ふつうのクリスチャンだ。
だけど、それは間違いだな。
あれは、ソドムの滅亡のくだりに関係あるから、わかってる牧師のほうが、頭わるいだろ。
ぶどうなんか、白馬の騎手が足で踏みつぶす、あのくだりを、黙示録の話を知ってる人なら、ぜったいに、受け入れないだろ。
そうだな。
だから、誰が白馬の騎手なんだ? という話。
それは、イエス・キリストだと思うのが、ふつうですよ。
そうですね。
これ、聖書のはなしになってきたけど、面倒だから、そのまま書きます。
ぶどうの木なんか、大した意味、ないんだって。
いや、旧約聖書にも出てくるけどね。
やっぱりね、イエスはいない、ヨハネはバカだ、これにつきる。
もう、きのう新約読み直してガッカリした分、今日は気分がスッキリだ。
たとえ、わたしの仮説が間違ってても、わたしは、世を惑わしてウソの本を書けるくらいなもんだ。
だけど、さすがに、どっかの聖書学者みたいに堂々と間違いを本に書くわけには、いかない。
わたしは、自分の聖書の読みかたに、自信がついてきましたよ。
誰も読めないかもしれないのも、わかってきた。
これで、聖書学者は、たぶん、おしまいだ。
そうだな、映画でも、また観たことないな、わたしの説に従ってるような作品は。
哲学書なども、そうだ。
バカだけど、どうした?
いや、わたしのことだけど。
わたしはバカだ、だけど、聖書は読める。
本を書くなら、電子書籍。
面倒だから、まだまだ先。
わたし、今日も肩が痛いんだけど、自分でマッサージするのに力入れすぎて、それで肩とか首を痛めてるの。
足の裏を、肩や首とは全然関係ないツボなんだけど、足の裏のツボを、かる~く刺激したら、気持ちよくなって、ラクになるの。
おお、今度は、東洋医学の話だ。
なんだ、このブログ、やっぱりバカみたいやん(笑)
ああ、そうだな、わたし、ツボとかもかなり詳しいから、ただ本に書いてあるだけなんだけど、どっかで有料記事にしてやるか(笑)
あっそうだ、東洋占術とかも詳しいほうだ。
細木数子みたいなのは、邪道だし、誰も信じないわ、あんなのは。
だけど、四柱推命とかも、むちゃくちゃですからね。ははは!


やっぱり、この記事、あとで消すわ。
もうねえ、聖書の話、くじけるわけじゃないけど、ぜんぜん人と聖書の読みかたが違うから、書きたくないの、ブログには特に。
ブログに書いたら、長い記事になると思うな~。
分けて書いたら、わかりにくいな。
どうだろう、わたし、やる気あんのか?
ニコール・キッドマンの映画とかに、突然、逃げますか(笑)
彼女も、ナタリー・ポートマンみたいに、バカ!の役、多いっすよ。
おもしろい演技するから、仕方ないか。
コメディのほうが向いてるよな、彼女。
fc2_noimage.jpg
関連記事


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する