あたらしいブログは、ここではありません

そっか、さっき、ブログそのものの話をしようと思ってたのに、訪問者の文句書いてたら、忘れてた。

んで、わたし、FC2ブログのサーバーさんのこと、ちょっと不信に思ってるんで、FC2、やめちゃっても、いいんだけど?

そうだな、前にタンブラーで少しだけ書いたけど、あそこはアクセスがほとんどなかったな。
あそこにするか?
笑。

まあ、note.mu とかみたいに、アクセス数しかわからないタイプのサーバーもある。
そうだな、note は挨拶がウザいから、やりたくないな。

わたし、だれにも愛想しなくなって、もう何十年も経つから、人が変わったっていうか、だから、だれにも挨拶をせずに、本題を書いて、コメントももらわなくていいから、ただお金を払ってもらうだけでいい、っていう。

そういうの、今どきの人には、あんまりいないでしょ?
それは、浮くよな~。

はあ。
わたし、絶滅危惧種なんだわ、きっと。
スマホも、ぜったい、もっと安くならないと、使わないもん。
ノートPCも、レノボのでいいしね。

う~ん…
おかね、あっても仕方ない、っていう時代は、もう終わったからな。
早く収入を得て、引っ越したい。
だけど、ブログに書かずに、他の仕事をすればいいんだからね。
そうだよな、ネットで収入を得るなんて、詐欺的な手法でないと、ふつうに生活資金には、ならないと思うな。
アフィリエイトとかね、グーグルの広告とかね。
ああいうの、たいてい、ただの情報商材として、人々の嘲笑や嫌悪の的となっていますが、彼ら当人たちには、そういう空気、読めないみたいなんすよね。
だからね、月××万円、カンタンに稼げる! とか、いまでもバカな広告を打ってる人、いるでしょ?
あんなもん、サラ金に手を出して大変なバカとか、そういうのしか相手にしないと思うな。

わたし、お金はあるんですよ。
ただ、引っ越すとなると、足りないかな。
あれだ、普通に生活したら、あと何十年、もつと思うんですよ、わたし、貧乏生活に慣れてるんで。
そうだな、自己資金1500万円くらいはあるからな、現時点で。
家族のではなくて、自分の貯金とかね。
知らないでしょ?
貧乏くさい話ばっかり、ブログに書いて笑ってるからね。

さて、しかもわたし、家族に遺すためでもないのに、死亡保険金が高い保険に加入しててね。
わたしの死亡保険金が、家族の中で一番高いんでは?
いや、うちの父親のほうが、高いか。
で、その父親の死亡保険金の受取人は、わたくし個人なのでございますよ。
すると、彼の死亡保険金を、いま現在のわたくしの預貯金等に加算すると、さらに大金が手に入るのでございます。
ちなみに、わたくし、彼の相続人の筆頭でして、彼個人の名義となっている我が家と土地は、すべて、わたし名義となる予定でございます。

まあね、でも引っ越したいから、お金が必要なのよね。
お金は、中流階級の人にしては、無いんですよ。
だってわたし、ふつうにお給料もらってないもん。
収入ゼロですからね。
ただ、預貯金とかがあるだけなんだから。

そうだな、このFC2で書くのは、やめようかな。
アメブロとか、どう?
そうでしょ、バカっぽい連中が、適当にコメントを入れあって、なれ合いみたいな、ああいうの、苦手なんだけど、note.mu よりマシかな、って。
アメブロじゃなくてもいいや、はてなブログとかね。
う~ん、どっか無いかな?
フェイスブックは、イヤだしな~。

フェイスブックで、個人の顔写真が並んでるのを見たら、もう、ゾッとするんですよ。
それはね、いちおう、このブログに無用なアクセスを繰り返す、無名の訪問者たちのような、キモい部分を持った人たちが、ああいうものに依存するわけなんでね。
わたし、オフラインで人と付き合うタイプの人とは、まだ話を合わせることができる。
だけど、フェイスブックで、ともだち!とか言い合ってると、マジかよ…と思うな。
相手を信じて、ふつうに付き合うなんて、ムリっすよ、ネットの上だけではね。
わたし、NAMに入ってた頃、ただの見知らぬさんでね。
よそ者気分で参加してたの。
すると、スパイじゃないけど、NAMの情報を外部に故意に持ち出す人が、いるかもしれないっていう。
別に、悪気はなかったよ。
だけど、わたし、だれも知らないもん、NAMの人たちなんか。
相手を知らない場合、友達ができるかどうか、ビミョ~なとこですね。
相手を見たこともないのにね。

それでね、フェイスブックって、わたし、知らない人同士の交流が深まるところに特長があると思っててね。
もともとの知り合いと話をするなんか、アホみたいでね。
だけど、交換日記じゃないけど、相手を知らずに付き合うなんて、ヤボでね~。
あれ、創立者たちは、アホなんですね。
相手を知らないのに、深く付き合えるわけ、ないっしょ。
もう、ビジネスにフェイスブック使うのなんか、はやるわけ、ないじゃん。
相手を知らない場合は、ビジネスが成立しませんって。
よっぽとお子さんでない限り、相手をダマすだけのバカがいるのくらい、わかるでしょうよ。

まあ、アメブロは、なんか、読んでるだけで気分が下がるんで、やめます~。
わたし、オタクじゃないけど、わりと物知りなんですよ。
すると、ふつうに、家庭の話題を書いてるだけの主婦とかが大量にブログやってる、アメブロなんかだと、浮くしね。
相手に読んでもらえるかよりも、こっちが、趣味が合わないっていうね。
なんかね、もっと学術書とかをいっぱい読んでるような人のほうが、わたしのブログの読者に向いてます。
映画のページに少し冷やかし入れるような人は、相手にしません。

もう、映画のページ、作らんかもしれん。
相手を知らないで、アクセスだけするバカが多いから。
あれな、わたし、直接本に書いて出版してもいんだけど?
なんでって、わたし、別に自信満々なわけじゃないけど、ウソを書いてるわけじゃないんで。
ふつうに映画業界に就職してみろよ。
わたしが言ってることが本当なのがわかる日が、きっとくるから。
あ、裏方ね。役者とかじゃなくて。

もう、映画を知らない人のアクセスは、必要ないんでね。
相手にしてませんのでね。
ええ、来なくて結構です。
知らないくせに知ってるフリしてるんだろうなと、思っています。

なんか、どっかで映画専門のブログでも立ち上げようか?
いや、わたし、今度は聖書をメインにしたいんで。
映画なんか、つまらんから、あんまり論じたくないんだよ。
マジで、映画の元ネタ知ってたら、そんな知ったかぶりなんか、出来ないって。
お前らと全然、正反対のことやってんだからな、映画業界の人間は。

そうそう、にほんごで書いてるんだけど、読んでも意味が通じない人は、精神病院行きね。
つまり、うちの家族そっくりなんで~。
バカなんじゃなくてね、頭がおかしいのよ、あなたたちは。



関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する