日本人て、ふつうにブログ読む人いるのかな

このブログは、アクセスしても仕方ないような内容の記事が中心です。
だれも読んでないな。
映画の記事ページに1日1人前後アクセスがあるだけです。
彼らの滞在時間は0秒。
読んでるわけないから、相手にしない。

さて、このブログは、そろそろ消すかな。
書く気がしないし、時間もない。
今日も忙しいのに、ふと書いてみた。

先日から、ちょっと忙しくなってて、休む暇がないほど。
夜遅くまで外出する日もある。

そういえば、うちの庭の木を、先日、ひとりで切りました。
4時間ぶっ続けで、太い枝を何本も、電動ノコではなくて、ふつうに小さいノコギリで、自分の手で、切りました。
大変だったあ。
もう、へろへろ…
男の仕事だろ、これ、どう考えても。

切った木の枝葉は、少し放置して、中の水分を抜くと、軽くなって捨てるゴミの量が減るので、今は放置しています。
スゴい量です。
大きなゴミ袋に、何枚分かな?
この前、切った当日に、3袋分、捨てたんだけど。
それでも、まだ大半のゴミは、捨ててない。

ってな感じで、ただアクセスしてくるだけの訪問者のことは、だれも相手にしてないしね。
この前、宮城の日立製作所の人が一人、アクセスしてましたけど。
だれ、あれ?
日立って、頭がおかしいのがいるんやな。
いや、ISPじゃなくて、企業からアクセスがあったんで。
映画の記事だったよな。
あれな、わたし、ふつうに書いてるんだけど、訪問者たちは、だれも記事の中身を読んでないみたい。

有料記事ばっかりのブログにしたら、一人も訪問者が来ない気がする。
そのほうがいいのかもな。

いっそ、グーグルアドセンスとかいうのをブログに仕込んで、記事ではなく、広告収入を得る道を考えようか、なんて、思うわけないんやけど、そのほうが一般的には、ラクみたいなんで。

わたし、変わってるのかな?
どうも、記事の中身を読みたい人に、お金を払って読んでもらったほうがいいや、と思える。

ただ、うちにアクセスしてくる訪問者たちの質を見るとね。
日本人て、明らかに、知識も教養も無いね。
というか、それ以前のおはなし。
もう、だれも普通の頭の人、いないよ、ああいうアクセスを繰り返すバカどもの中には。

別に、他人事だから、気の毒とも思わんけど。
日立の人ね、たぶん、孤立してるか、友達いないか、いても相手は友達と思ってくれてないか、そんな感じのヤツだよ。
あれな、わたしが言うからなんですが、わたし、学生の頃は友達多かったんだけど、わたしのほうは、相手を友達と思ってないんで。
だけど、しつこく遊ぼうよ、って、声をかけてくるんですよ。
これ、いつものことよ。
わたしの学生時代、小学校の頃から、大学卒業するまで、ず~~~っと。

だからね、友達が多くて、ほがらかなヤツだからって、人がいいとか、優しいとかいうのは、無いです。
わたし、愛想はいいんですよ。
明るいしね。
だけど、相手のこと、嫌ってても、絶対にホンネを見せないの。
だから、相手には気づかれない。
だから、人付き合いはいいけど、疲れる。
相手をキライなのに、無理して付き合うんだから。

そういう人から見るとね、うちのブログ、アクセスしてる人なんか、いないのと同じでね。
彼ら、友達、いないよ。
わたしみたいなのが、たまに付き合ってやってるか、本当に一人もいないか、どっちかだ。

それはね、ふつうに人と付き合っててね、わざと知らない人を冷やかすような陰険なヤツが、人に好かれるかどうか、っていうことなんだ。

これ、別に、わたしのブログじゃなくて、全然関係ない、他の人のブログだと思ったら、よくわかる。

相手は、知らない人を笑ってるつもりでいるんだから。
もうねえ、わたしは有名人じゃないからね。
ただ、何を書いてるのか、ブログを読んでないのが明らかな連中だからね。
最近は、町山さんの映画解説がどうとか書いたページにアクセスが集中してます。
だけど、町山さんの映画の解説って、ほんと、質が低いんです。
めっちゃ子供っぽいんですよ、彼のキャラって。
だれか、もう一人、相方と漫才みたいな映画本を出してるんだけど、それを読んだら、ふつうのインテリは、相手にしないと思うよ、っていう、そういう話を、前にこのブログに書きました。

町山さんの信者のフリしたって、トクすることなんか、ないよ。
バカの大学生の男とか、そういうノリの連中しか、彼のファン、いないと思うな。
大学生の男って、やたらエロくて、子供っぽいでしょ?
そういう感じなんだよ、町山さんは。

それで、もうこのブログ、消すから、このサーバーには、ブログの記事は残りませんよ。
したがって、アクセス解析には、記録は残りません。
以上。


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する