今日は、ブログに書く気がないことを書く日

さ~て、このブログは、もうすぐ、消すかもしれません。

今ね、うちの家族、二人暮らしなんですけどね、うるさくてね。
いつものことなんすけど、今日は、わたしの虫の居所が悪くてね。
いつもは聞き流して鼻で笑うだけなんすけどね、なんか言い返してしまってね。

さ~て、今度、うちの親の具合が悪いから、先生に話を伺うことになってるんだけどな。
そっちのほうが、ふつう、大事だと思うんだけどな。
あの子、やっぱり、ただのキ印だわ。

わたしも、親の具合のほうが、心配なんだけどな。
もう、おしまいだわ。
あの子は、元には、戻らない。
しかし、彼女の話の内容を聞いたら、誰も彼女を好きにならない、どころか、憎まれるようになると思う。
本人は、わたしが何度、いさめても、同じことを言い張る。
ダメだな、あれは。
いま彼女は、トイレの中から、大きな声で喋ってる。
もう夜遅いし、よその人に聞こえたら恥ずかしいから、静かにしろ、って、毎晩言っても、大きな声でしゃべくるんだ。
床に寝転がってしゃべったら、ものすごく響くでしょう、階下とかに。
もう、頭の中が他のことでいっぱいだから、誰も聞いてないのに、おかしな話を夜中まで大きな声でし続ける。

彼女ね、うちの姉のことですが、
ちょっと、精神科医に相談しようかと、彼女に何度か言ったが、どうせわたしは付き添いしないから、彼女が通院する時には。
だれか、同居してない家族にでも、話をするか?
どうもね、だれにも言わんほうがいいような話でね。

ジャニーズのアイドルグループをね。
彼女、彼らのデビュー当時からのファンでね。
デビューCDとかも、買ってるんですけどね。
わたしには、その当時から、全く、彼らを興味なかった。

なんだけど、うちの家族ね、最近、特にヒドいんだけど。
自分がファンのくせに、わたしがそのグループのメンバーのファンだろうって、しつこく言い張るんですよ。
もうねえ、なんの根拠もないのにね。

わたしがねえ、ジャニタレなんか、好きになるはずがないのにね。
むかし、キムタク主演のドラマとかも、たまにビデオに録画したりしてたからかな。
だけど、遠い昔に、ビデオテープ全部捨てたしな。
映画を録画したやつとかも、自分の分は、ほぼ捨てた。
たしか、坂本龍一さんの、LIFEだっけ?
なんかライブをテレビ放送したヤツとか、録画中にちょろっとしか観れなかった分だけ、後で観ようと思って、取っておいたテープがあったが、あれももう捨てたかも。

だけど、ジャニタレはな…
もう、わたしのほうは、あきれてるんだけどな。
なんで、わたしがあんなガキどもを、好きなことに、なったんだ?
彼ら、わたしより、10歳以上年下だと思うな。
よく知らん。
まさか、本気で、わたしが彼らを好きなはずがないし、ファンになったことすらないのだが、
うちの家族は、わたしが彼らを好きで、結婚とか何とか、そんな話ばかり、毎日のようにするのだ。

さて、統合失調症の皆さん。
読者がいれば、あなたは統合失調症なんでしょう?
この病気ね、100人に1人が罹患している、といわれていたと思います、わりとありふれた病気です。
100人に1人だから、1学年500人の学校だと、同学年でも、5人ほど、統合失調症の患者がいる計算です。
だれでもかかるしね。
それでね、わたしの家族、頭がおかしいんだけど、あんた、わたしのこと、キチガイだと思ってるでしょ?
読者さん?
そうだろ、いっつもおかしなアクセスしてきやがるよな?
わたし、あきれてるんだけど、文体で、わかるか?

そうだろ、わからんだろ?
人の気持ちがわからんヤツは、たいてい、頭がおかしい。
ただのバカ、ではない。
どれだけ普通に見えても、どこかがおかしい。
精神障害者に見えないだけで、障害者の可能性が高い。

わたしが学生の頃、一番近しかった女友達も、まったく普通で、国立大学を卒業した。
だけど彼女、同じ部の男の先輩に一方的に恋心をいだいては、告白して、フラれて、の繰り返し。
あれだ、相手に好かれてるか、どうか、彼女、わからんのですよ、事前にね。
わたし、横で見てて、彼女、たぶんダメだ、フラれる、って、わかる。
だけど、彼女本人には、わからんのだわ。
それで、フラれて、落ち込んで。

うちの家族もね、頭がおかしくなった時にね、好きだった男の子に失恋してね。
もう、いろんな要因が絡んで、彼女は精神病院に入院したんだけど、本格的におかしくなったのは、自分が好きだった男の子が、いつの間にか結婚してたみたいでね。
彼に電話したら、知らない女の人が、電話に出た。
たぶん、彼女じゃなかったんだろ、朝早くに電話したから。
たぶん、奥さんだろ。
それから見事に頭がおかしくなってね、家を飛び出して、徘徊したりしてね。
そうそう、これは省略します。
ただ、ふつうの発狂の仕方ではなくて、明らかに、措置入院の領域です。
もう、すぐに入院させられる、危険な状態だった、その時すでに。

もっとおかしくなってから、すぐに入院させられたんだけど。
わたしはね、彼女のために、尽くしてね。
あの当時、睡眠時間は、毎日2~3時間以下だった。
彼女、精神科の薬を飲まないし、夜中じゅう、まともに寝ないで騒ぐしね。
ふつう、自宅で看護できるような状態じゃなかったですね。
うちの親の介護もだけどね。
病院のスタッフが、お手上げになるような、そんな人たちですからね。
わたしは、今にして思うけど、あの時、うちの姉を看病してなかったら、うちの親の介護なんか、出来なかったと思う。
それくらい、親の介護も、大変だった。

もうさあ、頭がおかしいヤツらが、冷やかしでアクセスしても、ムダだって、わかるかな?
わからんのは、精神障害者さんが、これを読んでるからで、わたしがおかしいわけじゃあ、ないよ。

そうだな、精神科の知り合いがいたら、ゼヒ、この記事だけでも、読ませてください。
わたし、おかしな人間に囲まれて育ったけど、わたしは、ふつうの人です。
だれか、本当にわたしをおかしな人間だと思う人、明らかに、危険です。
すぐ、精神科の診察を受けてください。
わたしは、統合失調症の家族はいるけど、自分は健常者。
だから、ジャニーズのアイドルグループは、誰もわたしを知らないし、わたしを好きなヤツなんか、彼らの中にはいない。
そう、うちの姉は、彼らのうちの誰かが、わたしのことを好きだとか、そういうことまで、言うんですよ。
わたしがおかしいのか?
そうか、キチガイが読んでるんだ、って、言ってもらいたいのか?

そうだろうな。
わたしは、キチガイの相手は、したくない。
ブログは、有料記事を主体にします。
それは、誰も読んでないのに、みんながわたしを笑っていると信じてるキチガイさんたちを、完全に、遮断するため、です。

そして、誰もわたしをおかしいと思ってないのに、しつこく、偏見の目でわたしを見下している人たち。
わたしは、共産主義者じゃないけど、それは関係ない。
だれか、芥川龍之介を笑う人たちが、わたしを笑っていると、しつこく信じてる人を、見たこと、ありませんか?
もし、本当にそういう人がいたら、彼らは、もちろん、頭がおかしい。

わたしは、そういうわけで、自分のブログの読者を、どこかがおかしいと思っている、ふつうの人です。
そうでしょ、誰もわたしの話を肯定的に受け止めないのならね。
わたしを否定するだけのために読んでる人たち、気の毒ですが。
わたしは、あなた方を、あわれむことはしない。
ただのクズ、あなた方は。

わたしを好きなジャニーズのアイドルがいる、って、うちの家族は、言い張るんですよ。
わたしも、彼らの誰かを好きなんだろう、って。
それで、この話をひっくり返しても、うちの姉は、喜びません。
どうです、どこかがおかしいでしょう、この国は?


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する