今日は、忙しいんだけど、暇かも

えっと、映画のページだけ訪問者がいるみたいなことを書いたっけ?
なんか、わざとらしく映画のページだけアクセスする人がいますが。。
1人だけ違うページに来てたな。

町山さんの話を書いたページですけど。
町山さんて、ただのバカとして有名みたいだ、と前に書いたが?
ウィキペディアで「町山智浩」の項目を調べたら、ちゃんと書いてありますよ。

それで失礼ですけど、町山さんの映画の解説は、WOWOW映画塾など無料で視聴できるものがたくさんあります。
先に、そっちの中身を確認してアクセスしてる「フリ」をしていただいたほうが。
それはね、町山さんみたいな、ふつうの日本人には知られてない人の話を書いても、そうしょっちゅう検索エンジンから来る人なんか、いないからね。
うちのブログが検索結果の上位に表示されるんなら、喜ばしいことですけどね~。

これから、宣伝しなくても、アクセスが増えたら、いいんですけどね。
まず、ありえないからね。
だって、映画のページに1日1人くらいしか、来ないもん、うちのブログ。
ぜんぜん来ないよ。
有料記事だけのブログにする予定ですけど、ムリっぽいよね。
いつになったら、収入が発生するのかな~?

町山さんの話に戻します。
町山さんの映画解説は、素人っぽいです。
ただ、詳しいことは詳しいです。
しかし、なんかズレています。
映画の制作者に知り合いがいる人、ゼヒ、町山さんの映画の解説の話、知り合いに聞いてみてください。
たぶん、みんな失笑するか、バカにするか、です、町山さんを。
あの人、ただのヲタクな感じですよ。
素人っぽいんですってば。
まあ、映画狂人のはすみ先生でも、そうだから、仕方ないか…
元ネタを知ってるだけでは、大した映画評論は、書けないみたいだな。
なぜって、そうねえ、わたしも彼らの知ってる元ネタの半分も知らない気がするけどね。
だけど、読み方が違うのは、知ってる元ネタの数による、とは思えないな。

映画ファンはね、気取ってるから、それだけで失敗しますよ。
わたし、ずっと映画に興味がなくてね。
仕事やめて、時間があったから、映画を観るようになったんだ。
ほんと、それだけ。
その前は、友達や男と映画に誘われて映画館に行ったことはあるけど、レンタルビデオなんか、全然興味なくて、全く利用せず。
それで、当時の製作者には悪いが、わたしは時勢に従った映画の解説は、出来ない。
たまに時事ネタが入った作品がある。
そういうの、わたしには、よくわからない。
だけど、たいてい、映画は、古い映画を真似していて、ただそれだけのものだ。
ほんとうですよ。

ただ、映画の解説者が、そういうことを、ちゃんと言わないのは、ただそれだけ、っていうのがバレたら、彼ら自身のお仕事もおしまいだから、かな?

なんでかな?

町山さんの本とか見てたら、なんとなく、彼らはただ、にぶいから、気が付かない、わからない、っていうだけ、って感じですけどね。

そうです、ニブいんです。
カンがね。

わたし、ちょっと、神経質すぎるんかも、しれないな。
どうりで、日常生活にしんどい思いをする…
まあ、ちょっと潔癖だからな、わたしは。
買い物の時も、難儀してますよ、スーパーの買い物カゴとか、汚いから。
そんな感じ。
ふつうの人は気付かないし、気にもしないことを、とても気にする。
映画もそうかも。

映画はね、有料記事で、少し書きます。
ただ、町山さんの「セブン」の解説は、とかわたしが書いたページにしつこくアクセスしやがった客に言いますが、
あれは、「セブン」の市販のDVDのほうが、詳しく解説してるんですよ。
町山さんのWOWOW映画塾の解説よりね。
「セブン」のDVDは、特典として、制作者たちの解説音声が複数、入っています。
かなりお得っぽいです。
ただ、制作者はウソをついてるから、DVDの特典音声だけでは、なかなか…
それでも、町山さんがしゃべってる内容は、ほぼ、DVDの音声解説に含まれてると思いますよ。
わたし、忙しくて、ちゃんと聞けなかったけど。
また今度、観てみます、いや聞いてみますわ。

町山さんって、「コンテイジョン」の解説音声もネットで無料公開されてるんだけど、
あれも、解説のうちに、入らなかったな。
あれは、ほかの作品よりヒドかった。
なんかね、プレス情報をそのまましゃべってたの? って感じ。

「コンテイジョン」はね、映画の製作者たちが、古い作品を真似して遊んでるだけ、って感じの作品でね。
町山さんは、わかっててしゃべってたのかな?
なんかね、あの人はね、詳しいのか、詳しくないのか、わからないですね。
元ネタが多すぎて、何も言えなかったのか?
でも、「アラビアのロレンス」の解説では、作品の元ネタについては、全く触れなかったですね。
町山さんでも、元ネタはわからない、ってことですね。
たぶん、そうですよ。

そうだな、ちょっと訪問者さんたち、「セブン」のページにアクセスしすぎたな。
「クリムゾン・リバー」はね、ほんっとつまらない映画でね。
日本の一般の視聴者、観客にも、ぜんぜん相手にされてなさそうな作品。
だから、なんでその映画のページにアクセスがあるのか、不思議。
いや、カッコよいわけでも、面白いわけでも、無い作品ですから。
まあ、ヴァンサン・カッセルが暴れるシーンが、ちょっとおもしろいくらいか。
あの人、フランスの俳優だから、メジャーな作品に出演しないと、名前が売れないから。
あの作品くらいから、国外でも有名になっていったんだと思うんですけど。

あっ、暇じゃないのに、たくさん書いた。。
まあ、いいや。。
どうせ、アクセスしてるだけ、で、中身は、誰も読んでない…

関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する