今日も、忙しかったよ(敬老の日?)

今日だっけ、昨日?
敬老の日ですっけ?
自宅には老人がいないので、他人事でした~。
あした台風が接近するというので、今日のうちに買い出しに行きました。
雨が降りだしたらイヤだし、予定があったため、朝食抜きで、出かけました!
かわいそ…

今日はあ、民放のテレビ番組を、めずらしく、観ています。
家族が、録画してって、いうから~。
音楽番組を、昼から、ずっと、録画しています~。
とほほ…

ああ、あの~。
音楽ね、わたしも昔は聴いてたんだけど、
今はね、ぜんぜん、聴かないっすね。

音楽CDなんかも、家族と合わせたら、何百枚、と持っているわけですが…
もうねえ、捨てると思うな(笑)
誰か、読んでる人がいたら、欲しい人、います?
そうだな、初回限定版のCDボックスとかね、家族ともども、結構、持ってますよ。
ただ、うちの家族は、ハードロックやヘヴィメタル系が多くて、J-POPも多少。
わたしは、クラシック系、ジャズ系、坂本龍一、洋楽のオサレ系。
二人で、ぜんぜん趣味がかぶらないから、CDも、奪い合いになったことがない(笑)

で。
テレビの音楽番組はあ、わたしの趣味に合う歌は、流れてこないね(笑)
これは、仕方ないわあ。
なんか、カッコいい曲ばっかり流してるラジオ番組とかね…
ヲタクみたいなこと、書くなよ…(汗)

わたしはね、ただ、聴いたりするだけなんですけどね。
うちの家族ね、ほんまもんの音楽ヲタクでね。
中古のCDとか、ドカっ! と、まとめ買いしたりね。
ものすんごい趣味が悪いんだけどね(笑)
テレビの音楽番組も、NHKも民放各局も、大半の番組をね、小さな番組以外はね、毎週毎回必ず録画する、って感じの人だったんですよお。
スゴいの、マジ、当時のビデオテープの山ね。
もうねえ、雑誌の投稿だけはしなかったけどね、彼女ね、テレビ番組やラジオにね、リクエストのハガキを、しょっちゅう書き送ってたよ。
マジ、ヲタクなの!!
きゃ~!!

んで、今は。
ぜんぶ、わたしにさせるんだよ(泣)
テレビのリモコンも、触らないのお。
きょうも、10時間も放送するっていうのにね、
わたしだけ、テレビ番を、させられてね。
お昼寝は、したけど。。
録画しっぱなしで…

忙しいのにね、
買い物も、わたし一人で、大急ぎでしたしね。
過重労働で~す。
ええ、明日の朝には、疲れ果てて、死体になっているでしょう。
とか、ボヤいていました…

へえ。
あれ、なんか暇ネタよね。

そうそう、今日もね、セブンのページに一人だっけ、来たよ。
誰やのん、あんた。
んでね、「卒論テーマテネシーウィリアムズ」
っていう検索ワードでね、うちのブログに来たヤツが、1人、いたよ。
あああ、ありえんありえん。
テネシーなんかね、半世紀以上前のオッサンやねん!!
あんた、知ってんのかあ?
あれよ、赤狩りの頃のオッサンやで。
誰やのん、知ってるフリしてる、あんた!

今どき、卒論にい、テネシーさんを使うバカは、いないよ~ん!!
わかったあああ??

あれだあ、「欲望という名の電車」は、かなり有名だけどね。
あれも、テネシーの戯曲ですよ。
元は舞台なんだけど、映画も有名よね。
日本でも、いまだに上演されてますよね、あの作品ね。

あれだ、ちょっと前に騒ぎになった、何とかという少年(笑)の、
お母さんが、主演してたそうですね?
知らんかったんだけど。
「欲望という名の電車」ね。
あの息子はん、あの舞台を演じる母を見て、感動して、役者を志した、とかいう話よ。
そんなこと言ってるから、あんな騒ぎになったんだわあ。

あの事件は、ほんまかいな?
だけど、彼は、NHKの朝ドラの脇役やってた頃から、おかしなヤツだったなあ~。
挙動不審でね。
あれ、演技ちゃうなと、わたしは当時から、思ってましたよ。
当たりましたね~。
なんとか障害だそうですね、彼ね。
そうだろうな、あれは、演技では、出来んわ。
「かぶいてる」っていう感じね。
梨園の人だったら、良かったのにね。

あの、高畑親子のことですんで。
お母さんね、高畑淳子さんだっけ?
わたし、あの人ぜんぜん知らなくて、朝ドラの脇役やってて、初めて知ったんだよな。
どこのオバハンやねん、と思ってた。
ああ、悪いんだけど、わたし、このオバハン、なんか好かんなと、ずっと思ってましてん。
ええ、たぶんね、わたしの呪いね、今回の、あのレイプ事件ね。
お母さんのほうが、今後も、しんどい思いすると思いますね。
わたしの予言ですが。

あれだ、「欲望という名の電車」だったら、高畑さんは、ブランチ役しか考えられんけど、違うかな?
そうだろ、それやったら、あの息子はん、おかしいで。
近親相姦みたいな、エグいこと、考えたこと、あるかもな。
いや、ヘンな作品だからな、あの戯曲は。

そうそう、ブランチっていうのは、ちょっと妙齢とはいいがたい、ちょっとオバサンの役なんだけど、自分の妹の旦那にレイプされるか、されかけて、頭がおかしくなる、っていう役なんですよ。
倉俣さんのデザインのモチーフにも、なったことがありましたね。
そうとう有名な作品ですが。

だけどね、わたしが言ってる卒論の作品はね、テネシーの処女作でね。
ええ、もう言わんよ。
誰や、こいつ。
高畑の息子か?


関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する