今日は、久しぶりに、あんまり肩や首が痛くない

うわっ、どうでもえ~お題(笑)。
だけど、それはあくまで他人事の場合であって、わたし本人には、これは、死活もんだ~い。
だって、肩が鉛のように重い、とか、そんなカワイイ肩こりじゃ、ないんですもん。
めっちゃ肩が痛くて、今朝も早朝6時頃だったか、肩の激痛で目が覚めた。
ええ? って感じ、肩があんまり痛いから、目が覚めちゃったんですってば。
かわいそ、わたし(泣)
だけど、その後、あまりの痛さにしばしもがいた後、ぐっすり眠ってしまったから、いつもより体調が良い(笑)
ここ数日、何もする気にならないほどの激しい肩こり、と首の痛み…でした。


今日のはNスペですかね?
「ママたちが非常事態」だって。
だけどゲストのタレントさんたちが、芸人みたいなのが出てますが。
お笑いなのか?
「ものすごい不安と孤独」だって。
乳幼児を抱える母親の話ですね。
わたしには、関係ないな~。



ああ。
そういえば、聖書にも、母親の話は、登場しますよ。
あっ、勘違いしないでくださいね、例の「聖母マリアさま~」のおはなしじゃ、なくってね。
もっと、世間一般の、「母親」という一般名詞のことで、ある一人の女性の話ではなくてね。


ああ、そうだ。
わたし、母親の話じゃなくて、ハンセン病のことでも、書こうかと思ったんだった。

さっき、NHKのニュースで、きょうは「世界ハンセン病の日」でしたか?
ハンセン病といえば、聖書に登場する、「重い皮膚病」のこと、という噂です。
日本人には、苦手な分野の話題ですね~。
だって、聖書の本文を読まない人が、結構いますもんね。


前に、古いブログで、「ラザロ」という男の話を、書いたことがあります。
このラザロは、誰も明言しないが、登場場面の描写によって、重い皮膚病を患っていた、と示唆されています。
この「重い皮膚病」は、新約聖書では、じつに大したことのない病気のように扱われ、ラザロの死の場面においても、ぜんぜんわからない人にはわからない。

しかし、旧約聖書において、「重い皮膚病」というのは、民族が違う、などというレベルの扱いではなかった。



……え~と、ここ FC2 ブログでは、ブログの記事をそのまま電子書籍化するサービスがあります。
なんか面倒なんで、できれば、そのままブログの記事を電子書籍にしちゃおうかと……思い立った後で、面倒なことになるか?
いま、テキトーに書いて、電子書籍にそのままできないよな。
まあ、やっぱり肩がまだ重いから、もうちょっと元気な時に考えたいな。


え~と、聖書の話は、基本的に、ほぼすべてを有料記事にします。
たとえタダで読めるあなたも、基本的に、有料でないと読めないはずの文章であるので、わたしは知らないよ。
別に、スネてるわけじゃございませんが。
なんで、この国は、こういう人たちばっかりなの?
わたし、普通に無名のまま、いきなり電子書籍を書こうかと思ってたんですけど。
やっぱり、毎日いそがしいし、本を書くにあたって、参考図書を何冊も図書館で借りて、あ~めんどいし、時間ないやん!
イヤだもん、わたし、主婦みたいな人だもん、聖書を読んで、それからわたしの本を読んでよ。
バカが、わからんくせに、騒ぐんだわ。
イヤだイヤだ。


あ、ついホンネを。

もうね、後で、この記事、消す可能性あります。
とりあえず、聖書は、日本人には、まるでありえない読みかたを、わたしはしますんで、いちいち騒がないでください。
つうか、読んでないフリする人も痛いし、たぶん、誰か読んでますよね、この文章?
もう、しつこくカネ払えなんて言わないから、普通にアクセスしてくださっていいですよ。
なにぶん、精巧なアクセス解析サービスでも、ブログの筆者には、相手の名前とか住所とか、ぜんぜんわからんからね。
ただ、どこのブラウザを使ってるかとか、ISPはどこかとか、その程度ですよ、わかるのは。
それに、わたしのブログ、誰も来ないよ(笑)
恥ずかしくないけど、ぜんぜん宣伝してないからだし。


もう、ツッコミどころ満載の、note.mu さんに、ブログ記事へのリンクを投稿しようかな?
あるいは、「友達が待っています」としつこくメールしてくる、フェイスブック?
フェイスブックが、いいかもな。
誰もわたしを知らないもん(笑)


あっ、というわけで、
わたし、母の話も、重い皮膚病の話も、ほんの、さわり(?)だけ書きました。
もう、書く気ないな。
え~え、自分がいかに冷遇されてきたか、っていうおはなしですけどね。
もちろん、復讐ですよね。
もちろん、にこやかに代金を払ってくれる読者に、こんな態度、とるわけ、ないですからね。
ええ、わたし、いちおう常識もんですから。
そうだよな、いきなりカネ払え!っていう、例の人気 noter さんたちと違って、まあ彼らはまずブログで有名になった人たちだけど。


いやだ、ブログに読者が殺到するなんて、キモい。
わたし、田舎もんなだけか?
う~ん……
いや、違うわ。
わたし、不正はしてないけど、さほどまっとうな生き方してないから、どっかやましいとこが、あるのかもな?
と、ゆうことに、しておきま~す……


有料記事には、お金を払って、読む、というのが、暗黙のル~ルで、ございます。
イヤミじゃなくて、じょうしきで、ございます。
だからね、わたしは無名だから、払いたくなかったら払わんでいいけど、それなら、タダで読むなよ。
関連記事
Category: 日記


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する