なんか、だるだる君なので、なんか書いてみる

だるいんだけど、今から昼寝をするのは無理なので、ブログを書いて、暇つぶし。

え~と…
明日は、早起きして、外出予定。
あ~イヤだ。

楽天のセールで注文した商品が、明日届くんだって。
あら~。
外出前に、届くとよいけど…


え~と…
あ、やっぱり、ただの日記だ。
おかしいな?
え~と…

そうそう、「銀河英雄伝説」の話を、ちょこっと書こうと思いました。
このブログは、誰も読んでないもようです。
たまにアクセスがあるが、映画のページが大半で、後は、誰も知らんページに、グーグル経由で、「検索フレーズ不明」で来ます。
グーグルで調べてそのままこのブログにたどり着くんかいな?
まあ、キーワードを3つも4つも並べたら、可能でしょうけどね。
キーワード2つ以内で、ふつうの単語で、このブログを検索しても、ムリですね。
そうだな、誰もせんな。
すればいいのにね。
イヤだ、アクセス増えても仕方ないしい~。
とか、言ってるわけではなくて。
だれも来ないのとおんなじだから、テキト~に、書いていますよ~~ん。

「銀英伝」の。
ニュー・ガバメント・イン・オーガスタのお話しを、前に書いた。
そうねえ、だから、どうでもいいんだけど…
書く気がなくなってきた(笑)
銀英伝は、録画してあるんだけど、古いから、捨てたかもしれんし、まだあるかもしれんが、再生できなくなってるかも。
録画した頃から、調子が悪かったからな、DVDは。

さて。
あ~、やっぱり、もう再生できなくなってる気がするな。
古いもんね、いや、調べる気がしないけども。

で、もう書く気が無くなった、っていうよりは、
原作者さんの意図を、あんまり考えずに、ブログにちょこっと書こうと思ったので、やめました。

そうだなあ、「8月の新政府」は、ぶっちゃけ、
革命政府っていうよりか、大英帝国じゃないしね?
銀英伝の銀河帝国のモデルは?
あれは、どっちかというと、ドイツ第三帝国か、大日本帝国ですよね。
へ~え、ウソ?
とか、つぶやいてる人、いや、あの小説かアニメを知ってる人でね、
その人、バカですよ。
いや、あんた。
あんたのことよ。
そうね、バカよね。

で、わたし、「ドイツ第三帝国」なんか、詳しくないから、銀英伝の元ネタなんか、よく知らんの。
だからあ、歴史ヲタクじゃないと、あの小説は、元ネタがわからんのですわ。
つまらんヤツでね、原作者さんは。
あんな、歴史をパクった小説は、ちょめちょめ! と、やっつけちゃうよ~~ん!!
書いてて、おもしろくないじゃ~ん、こんな話ぃ!!

大日本帝国はあ、終戦前の、あ、70数年前の、あの夏の、8月のね。
そうねえ、8月にね。
終戦、っていうかね。
「8月の新政府」は、どこの国がモデルだ?
そうねえ、ヤン・ウェンリー提督は、中国系のニイサンですわ。
だけど、あれは、終戦にて、負けたほうが、日本だから、
「8月の新政府」は、むしろ、日本寄りだ。

あ~ら大変、このねじれ。
だから、田中芳樹は、バカなんだべ?
そうねえ、ちゅうごくじんにい、聖書を読め、と言ってもムダなように、
田中芳樹くんのようなあ、中国好きには、ムリですね。

おなじく、8月あたりを中心とした話(だったような気がする)に、
「夏の終わりのバラ」
というのが、銀英伝に、ありましたが。

こちらは、大帝国、銀河帝国の皇帝、カイザー・ラインハルトが、ついに、結婚相手を見つけて、プロポーズする、というお話でした~。

おなじく、
「バラ」が登場するお話しとして、
「冬バラ園の勅令」
というお話が、銀英伝にありまして、
この勅令は、銀河帝国に大負けした自由惑星同盟というちっぽけな敵対勢力が、ついに、完全敗北を受け入れざるを得ない、という、局面でございました。

このように、君にバラバラ、っていう感じさ。
え~と…
まあ、バラバラだよね、ほんとよね~。
バラが咲いても、負けても、おんなじさ。
だって、皇帝はバカのお子様だしい。
死んだ英雄は、中国系のバカ、だしね~。

何がやりたかったのかなあ~?
田中よしこさんは?



関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する