noter さんの記事を読んだほうが、面白い人が多い

ここFC2 ブログでは、ランキング上位常連の人気ブログさんであっても、特に面白いな~と思えるほどの話は、あんまり見かけない。

たぶん、FC2だと、有名人のブログがあんまり無さそうなのが、原因なのかな?
いや違うわ。
わたし、自分が所属する「本・雑誌」というジャンルのブログくらいしか、まだ読んでないから。
だけど、これは決して口にしてはならない言葉だと思うんだけど、FC2ブログって、ちょっと、カッコ悪いよね。
面白いものが好きで、カッコ悪いものはあんまり好きじゃない人は、note のほうが好きかもな。


さっき、新着 note を見ていました。
きのう note に初投稿したばかりの人がいました。
わたしは note リリースから2か月くらいでユーザー登録して、そのまま放置し続けて、最近になって note にちょろっと書いて、どろんと FC2 に来ましたが、これから note に可能性を感じて参加する人も、いるみたいです。

だけど、わたしのほうは、もう、 note.mu さんでは、あんまり発言しないと思います。
更新中断してから、フォロワ~とかが少し出てきて、放置したら、まだ増える気がするんですが、誰もわたしの文章を読んでなさそうだし、それなら気楽に続ければ? って感じなんですけど。
ただフォロワ~数を増やしたいだけ、っていう人が、けっこういそうでね。
かまわんのだが……


SNSって、なんか、つまらんな~。
たぶん、わたしが相手を正当に評価してないせいだ。
さっき、別の noter さんを、見かけたんだけど、この人、どこがええんか、わからん。
やっぱり、わたしが、変わってるのか?
おかしいな~。


たいてい、わたしのほうが、感性というか、普通の人だと思うけどな。
だって、日本人は大半が不倫を好まない、とか、わたしが言っても、誰も反対しないよ、普通の日本人なら。
それで、やっぱりその通りで、例の芸能人が不倫騒ぎで笑われてるでしょ?
あれは、日本人が、不倫そのものを笑う傾向があるから、に決まってるわ。
それは、普通の日本人は、普通に結婚して、普通に子供つくって、普通に年取って死ぬ人ばっかりやん。
誰も、カッコつけて、「ええ女は不倫するのよ」みたいな話、しませんって。
だから、どっかズレたバカが、恋愛の花がどうとかこうとか、騒ぐわけだ。


で、さっき見かけた noter さんは、イケダハヤトさんと同じで、有名ブロガーで、noter だ。
だからどうした、の世界だ。
それで、どこがええのか、マジでわからん。
きっと、わたしのほうが、人に嫌われるタイプではあるんだけど。


これは失言だとわかってて書くが、その noter さんは女性で、しかも、ご自分の顔写真をプロフィール画像に使ってらっしゃる。
だけど、あまりに気持ち悪い顔で、その写真を見てて、たえられん(笑)
マジ、あの人、頭だいじょうぶかな?
つうか、なんとテレビに出演しておられる有名人だから、わたしのほうが失言なんだけど、たしかに彼女の顔写真は、マジで、キモいぞ。
自分の顔も、キモいと信じて育ったわたしだから、誰も信じまい(笑)
だけど、何十年もたってから、若い頃の自分の写真を見たら、ごっついカワイイの(笑)
あんなにキモい顔だと思い込んでたのにな。
スゴいよな、わたし。
だから、自分のこと、嫌いだったんだな、っていう。


まあ、だから、この女性 noter さんも、さほどブスじゃないし、キモイ顔じゃないんだ、たぶん。
だけど、顔写真で否定してしまったわたしにとっては、彼女は、なんで売れっ子なのか、わからん(笑)
たぶん、 彼女の note のアイコン画像は、わざと歪曲した顔写真を使ってるから、わたしは、その写真が嫌いなだけだけだ。
だけど、彼女は、自分がもっと稼げる可能性、みたいな話を、堂々と note に書いている。
やっぱり、そういう神経も、わたしには、ダメだ。

20160131_Haachu.jpg
というわけで、わたしは、note で人気のイケダハヤトさんも、この女性「はあちゅう」さんといいますが、彼らのような人たちも知らないで、先に note に文章を書くのをやめようと思ったんでしたが。
いや、先でよかった。
彼らを知った後だったら、何も言わずに、黙って辞めてたと思うな。
あるいは、彼らの悪口を、note に堂々と書いてたかも……

だけど、わたしが note の更新中断したとたんに、わたしのフォロワーになる人が出てきて、なんか申し訳ないというか、ただの愛想なのがわかってしまう分、なんかねえ……人付き合いが苦手なわたしには、かえって苦痛(笑)


学生の頃から、友達づきあいはよかったが、やっぱり、誰もわたしを好きでないというより、その逆で、嫌われてないのに、あんまり友達を好きになれない人間で、わたしは、その学生時代を、もう1回やりなおすつもりはないし、子供のままじゃん(笑)みたいな、感じで受け止められるに決まってるわ。


う~ん、失礼ながら、たいていの分野で、みんな、わたしに追いつくこともできない人たちばかりで、わたしのほうが抜きんでて何でもできたから、ごく小さい頃から──だから、友達っていっても、なんかねえ。かなり歳の離れた兄弟ですら、わたしのほうが頭がいいもんだから、話が合わないじゃん。どうしようもないわ。


わたしは異常におとなしい時もあったから、わかるけど、もっと普通の性格だったら、自分のIQが高いのもわかったろうし、まわりも正当に評価したろう。というか、みんなわたしが頭がいいのわかってたんだけど、実際は、もっと頭良かったんだと思うな。そういえば、まわりの環境は最悪だったしな。今でも覚えてる、運動してる時に、突然しんどくなって、「なんか、おかしいな?」と、子供心に、強烈な記憶を焼き付けて。なんであんなにしんどかったのか、今ではわかるんだけど。


このブログには、まだこの話、書いてないな。
書く予定は、ございませんが(笑)
普通の人が、こんな人生、送れるわけ、ないって。
わたし小学校の頃から、学校の宿題もロクにしてなかったもん。
普通に育ったら、めっちゃ頭が良くて、博士号なんか、どの分野でも取れたと思うな。
つうか、それって、今でも可能な気がする(笑)



まあまあ、そういうわけで、自慢話は、するつもりは、ございませんので。
失礼しました。
すなおに、聖書の話を、どこかに書けば、いいんでした。
もう、ブログには、書かない気がします。
電子書籍かな。


だけど、昨今、「人気ブロガー」とか、「人気 noter 」さんっていうのが、人気タレントとさして大差ない存在である以上、わたしのような無名の人が、突然むずかしい本を書いたところで、売れるわけがない。
悲観的なんじゃなくて、現実を見すぎてる感じがするけど。

そうだな、彼女たちに取り入って、宣伝してもらう、とかいうテもあるけど、そんなこと、やるわけない。
特に、自分のほうが、評価している人じゃないと、むずかしい。
失礼なんだけど、もうちょっと、頭が良さそうで、物知りそうな人じゃないと、フォロワーになる気にも、ならない。
わたしはそういう人なんで、わざとごまかしてフォローしたりすることは、しませんね。
フォローのお返しの場合は、別ですが。


note やってる人に、芸能人もいるにはいるんだけど、なんだかな。
やっぱり、何もしなくても売れてる芸能人なら、 note なんか、あえてする必要なんか、ないと思うな。
ファンは、喜んでくれると思うけど。


失礼なんだけど、ふつうの一般 noter と、人気 noter さんたちって、ぜんぜん違いはなさげなのに、人気者さんだけ、記事が売れて、ますます有名になって、なんか、理不尽なところがある。
それで、ほかにもっと頭のよさげな noter さんもいたんだけど、その人は、とっくに note をやめていた。
気の毒なことだ。
失礼なんだけど、彼も、わたしと同様に、ほかの noter さんたちがバカばっかりに見えた可能性がある。
だけど、あんまり人をバカにしてそうな文章ばっかり書いてると、記事は売れないわな。
仕方ない、そういう意味では、わざとやってるわたしの場合はなんだけど、やっぱり、能あるタカは爪を隠す(笑)
それで、もう、バカにしか見えない人気 noter さんたちと、自分とは、比較にならない溝があるし、実際、わたしは誰にも好かれないほうが気分がいい人になってしまったので、これでは、誰にも文句は言えない(笑)
まあなあ、うちの町内、おかしなヤツが多くて、そのせいで、人間がかわっちゃったんだよな、わたし。
もとは、わたしには関係なくて、みんな、うちの家族を憎んでるような感じで、わたしは彼女をかばってたんだけどな。
双子なのも知らずに、見分けがつかずに、人間違いしやがったから、バチが当たったわけだ、町内のやつら。
だから、赤ん坊のころからわれわれを知ってる町内の古株さんたちには、わたしは誰にもバカにされない、親切な人がけっこういて、わたしが小さい頃には、カワイイからって、わたしにアイスクリームをごちそうしてくれたりね、そういうおばあさんたちが町内にもいましたね。
誰も知らない、そういう話。
不思議なものだ、人間なんて、家庭環境や、まわりの人間関係で、いとも簡単に、変わる。


で、イケダハヤトさんや、はあちゅうさんには悪いが、彼らが一般の noter に人気があっても、わたしは特に彼らに魅力を感じることはないし、むしろ、ああいう人たちが人気があるとわかったら、より一層、 note なんて、大したことないな~。と、思ってしまう。


いっそ、どっかの大学の研究所にでも、論文を書いて、投稿したほうがいいんじゃないか?
なんかな、まじめに、学術本みたいなのを書いたほうが、よさげだ。
タレントじゃあるまいし、笑い取ってても、仕方ないわ。


イエス・キリストのお笑い話なんか、この国で、ウケるわけ、ないしな。
ダメだな、わたし、かなり不利な立場にいるな。
メゲずにお笑いに走る人は、走ればいいけど、この国では、どってことない話に決まってるわ、聖書なんか。
もっと、聖書を読める人がほとんどいないのを思い知ってる人たちに、わたしの本を、読ませてあげたいな。
この国では、般若心経でも読んでればいいんだ。
ぶっせつま~か~はんにゃはらみた~、ってね。




関連記事


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する