こんにちわ。セブンはどんな映画?

えっと、今日は、まず、届いたばかりの、ジーユーの商品から。

20160709_GU_Socks_Tag.jpg 

こちらの写真、「SALE \290」という、真っ赤なシールが貼られています。
よ~く見ると、下にもう1枚ほど、SALEのシールが…
段階的に値下げして、なお売れ残った商品なのかな?

ネット通販で、5足290円で買いました。
あんまり安いから、うれしくって、つい、20足も買ってしまった。。
わ~い……

と、ゆうことでえ。
こんなかんじで、今夜は、らっくてんも、お買い物マラソン!が始まるよ。
今回は、衣類は無しで。
ってゆうか、わたし、楽天で衣類買ったこと、ほとんど無いんす。
たいてい、もっとゴツくて大きいもの……たぶん。

くっつした、たのしみ💛
なんとゆうか、わたし、くつした、すぐ捨てるの。
安くなくっちゃ、ゆるさないから!

で。
映画「セブン」については、また今度(笑)

なあんてね。

えっと、暇な人たちが、つい先日から、また映画「セブン」について、町山さんの評論を見つけた、と書いた、このブログの記事ページにアクセスし始めました。
だけど、ただアクセスしてるだけで、読んでる風じゃないんです。
ヘンなの。
そうね、ジーユーが安かった、って書くほうが、たのしいわ。
なによ、バカのくせに。。

そうね、すれすれでバカって言ってるだけでね、きっと、頭がおかしいよ。
いや、どう考えても、「セブン」の話を冷やかすヤツは、頭がおかしい。

と、すでに思っていることを、つらつらと書いても、つまらない。
なんか、おもろいこと、ないかな~…。

映画「セブン」では、最初に登場する死体は、ある夫婦のダンナさん。
これ、この映画の本筋には全く関係ないんで、わたしはこれまで、論じたことがございません。
ただ、クロウトさんですと、この辺りから、映画の元ネタを探ることは、できます。
とゆうか、わたしも最近、知ったんだけど…

で。
連続猟奇殺人事件の最初の死体は、デブの大食。
これは、大したネタはない。
ただ、スパゲッティを大食いさせられて、そのまま殺されたという、エグい殺人で。
ブタが嫌いなだけよね、この犯人は。
で、終わり。

次の犠牲者は、強欲な弁護士。
大金持ちだけど、要するに、ぼったくりだ。
弁護士は、金持ちだぜ。
うん、知ってるんだけど、だからどうした? って感じだ。

そうだな、わたしの知り合いの弁護士も、金持ちなのを自慢しやがってね。
ヤなヤツらだったな~。
とゆうわけで、弁護士といえば、金持ち、という、図式が大まかにあって。
それで、弁護士が、「強欲」の大罪を犯したバカとして、殺される。

この事件では、大したネタは、無いと思うんだけど、
映画にくわしくないわたしには、この辺の元ネタは、わからない。
だけど、この事件では、お腹の辺の肉を、犠牲者が、自分で切り取らされて。
イタいな~。
そう、あのシェイクスピアの、「ヴェニスの商人」そっくり、なんです。

とゆうことで。
映画の中身、わかりました?
あんまり、大したことないし?
ただ、ブログの筆者を冷やかすには、この映画は、意味がないよ?
そうだな、誰もわたしに見えないからな、この映画の登場人物わ。

そっすね。
バカ、が、冷やかしてもね…
どうでも、いいね。
この「ヴェニスの商人」の、あらすじとか、知ってます?
え~?
しらない?

そりゃ、こまった。
だから、ジーユーのはなしのほうが、たのしいんだ。
も~う、サルの国、なんだからあ。
もう、しらないよ、わたしわあ。

お腹が、イタいの。
お腹を、イタめて、それで、死ぬの。
つうか、死なないんだけど、お前、自分の腹の肉を、切り取ってみろよ。
って、話。

シェイクスピア、ですよ。
古典中の古典、でしょ。
だれも知らないの?
「ベニスの商人」だよ。

「ベニスに死す」ぢゃ、なくてね。
…。
もうね、映画の話、しないよ。
おもしろいわけ、ないじゃん、バカが寄ってたかって、いちいちアクセスしやがるし。
あんた、わたしの気持ち、わかんのかよ?
バカがね、古い記事ばっかり、必死でアクセスすんのよ。
たのしいね!
やってみろ、バカが、サル相手に、気の毒なお嬢さん(笑)いやオバハンだけどね!
あんた、こんなかわいそうな人、いないよ。
そうだろ。
相手がビョーキなの、もう、わかるだろ。
だから、あんたらがわたしを笑ったのは、まちがってた。
そうなあ、こいつら、冷やかしてんの?
マジ、誰もわからんよ、検索ワードがわからんのに、グーグルから来るんだから。
ヤフーから来ないと、検索したキーワードが記録に残らないんだってば。

と、ゆうことで。
わたし、知らないよっと。
もう、知らんもんね。
ぷ~ん。

関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する