地震の予測は、アテにならない

前に古いブログなどで何度か「MEGA地震予測」という有名な地震予測系の研究所について述べました。 わたしは、そういう地震予測は、地震学の専門家は相手にしてないみたいだし、アテにならんだろうとずっと思っていました。

はたして、今回の熊本地震では、「MEGA地震予測」さんは、まったく彼らの予測と逆の現象が起こった。

彼らは、熊本地震の直前に、「警戒レベルダウン地域」として、熊本県を予測警戒地域から削除してしまった、とのことです。

2016年4月13日発行(Vol.16,No.15)

トピックスと地震予測サマリ-
トピックス
 一か月にわたり静謐な状態が続いております。
※静謐な状態=安定、安全とは限りません。
 前兆現象→静謐→地震発生はよくあるパターンです。

ご注意ください。 
2016年4月13日発行(Vol.16,No.15)


2016年4月20日発行(Vol.16,No.16)

「平成28年熊本地震」について
4月14日午後9時26分頃、熊本県益城町で最大震度7の地震が起きました。 また4月16日午前1時25分頃、熊本県南阿蘇村他で最大震度6強の地震が起きました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆さまにお悔やみを申し上げます。 また、怪我をされた方々、被害に遭われた方々に心よりお見舞を申し上げます。 まだ余震も続くと思われます。十分お気を付けください。 

JESEAではメルマガ「週刊MEGA地震予測」及び「nexi地震予測」にて3月30日発行号まで「熊本県」を地震予測エリアに入れて 参りましたが、4月6日発行号で地震予測エリアから外しました。 予測を取り下げる際には慎重を期すよう心がけておりましたが、その直後に地震は起きてしまいました。 (以下、有料記事にて省略)


上述のように、予測を覆す地震が発生したことをお詫びする記事でも、彼らは有料で公開しています。

スゴいな~。

わたしも見習わないと(笑)


この人たちは、ニコニコ動画の有料記事だけど…

FC2ブログのユーザーは少なくて、誰も有料記事を購入してくれそうにないから、わたしもよそに移ろうかな~。

どうせ、誰も読まないだろうな、とかテキト~に思っていて。

電子書籍にするのが面倒なだけだもん。

暇になったら、電子書籍にしようかな?

なんか忙しい人をバカにする暇人がたまにアクセスしてくるだけ、みたいな感じなんで。

これは忙しい人が書いてるブログだから、ラクに読んでも、後でバチが当たる(笑)


熊本地震は、専門家が驚く大地震だったわけですから、「われわれは知っていた」とか、そういうの、タブーですよ。

知らない人ばっかりだから、先に書いておきます。

そういえば、玄界灘の大地震も、めっちゃ驚いてたからな、専門家が。

それは、数千年規模じゃなくて、もっと周期が長い地域で起こったんだから、驚くわ。

熊本地震も、阿蘇山の巨大噴火の頃以来じゃないですか、ああいう大地震は?

いや、それにしては規模が小さいけど…

とりあえず、縄文・弥生時代よりは、前だと思いますよ。熊本でのああいう大地震は。










関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する