毎日くたくた、映画の話は、しばらくよそうかな~

暇になりました、と書いてみたい(笑)
今日も一日いそがしかった、ただの日記みたいな話をブログに書く。
時間を見つけては、図書館で借りたDVDを鑑賞したり、本を読んだりしているが、まだまだ。


映画の感想を、ようやく普通に有料記事として公開すると決まったが、
かんじんの作品を、まだちゃんと元ネタ作品まで確認できていない。
図書館でDVDを見つけたが、貸し出し中。
困ったな。
もっかいチェックしてみるか。


古い映画は、どうも、その作品の元ネタなんて、なかなかわかりません。
これまた、困ったな。
もう、映画なんか、手間かけたくないっす。
困ったな~。
いや、もともと映画ファンというわけではないわたしが、こんなことに首をつっこむのが、おかしい。
と、いうことに、しておきます…
は~あ。


映画ファンは、あんまりインターネットであれこれ書かないのかな?
さっき、動画を探そうとして、グーグルで検索したら、ヤフーの知恵袋とかが出てきた。
クラシック映画の話題だけに、詳しい人は限られると思うが、それにしても。
日本人は、ほんとうに、ド素人さんばっかりですね。
確かに、わたしも、聖書をよく読むまでは、他人事でしたもんね、映画のウラの読み方なんか。
ただ、映画をよく見るようになる前に聖書そのものを読んだことのある人ならば、それなりに聖書が作品に絡んでいるのもわかるでしょうが、
わたしはかなり昔に観た映画は、あまり聖書のことを考えずに観たから、いま日本人の人たちが、とんちんかんな話をインターネットに書いていても、バカにすることは出来ないな。


映画なんか、ちょっと元ネタがわかったら、がっかりするほど低俗な文化みたいに思えてくる。
それでも、まだ元ネタがわからない作品があるのだから。
どうなの、これって?
ふ~ん、どっかの映画研究会にでも入ろうか(笑)
詳しい人なら、元ネタ作品について、ちょこっと教えてくれるかも。
あの町山智浩さんという映画評論家さんも、なんとなくですが、すべて自力で読み解いた、という感じは、受けないです。
彼は、映画には詳しいけど、文学とか弱そうなんですよね。
それなのに、ちゃんと文学系の元ネタの話を書いてる。
誰かに教えてもらったか、どっかアメリカに移住してから雑誌とかその辺の文献を読んだか、やっぱり知り合いに聞いたとか、そんな感じがしますね。
どうも、彼が自分から読んだ文学の中に、すべてが書いてあった、とか、あんまり思えないな~。
ものすごい映画ヲタクな彼ですから、本もわりとカンタンに読むのかもな?
わたしみたいに時間がない人に、なんて思われるか、わかりますかね? 彼みたいな人?
う~ん、だけど、映画研究会に、教えてくれる人がいたら、ラクだろうな~。
どっかのコミュニティとか、探して、質問してみるか? (笑)
わたしの知り合いには、映画に詳しい人なんか、一人もいない。
う~ん、なんで?
まあ、いいや…
そうだな、どういう意味であっても、わたしが一番物知りな気がするな、自分の知り合いの中では。


と、いうわけで。
疲れたから、映画の話は、もう、しないかも(笑)
DVDとか観てても、楽しくないですよ。
困ったな~~~ん♪


「ダイヤルM」なんか、わたしが知らないだけ、かもしれないけど、あの作品をマネしてる映画とか、あんまり無さそうだけどな?
しかしあの作品は、どっちかというと、……いや、この話は、やめておこう。


さて、映画の感想ごときで、1つ500円の有料記事を公開するって?
どう思われます?
読者さん、おられましたら?
これは、町山智浩さんという、立派なプロの評論家さんを、名前だけは存じ上げているわたしですから、まず彼に、ツイッターででも質問して、反応を見たほうが、賢いかも、ですね。


そうだな。
お金とるほどの話じゃないもんな。
それでも、やっぱり、その辺の個人ブログには、あんまり書いてないような話を中心に、書こうと思ってはいますが。
う~ん…


日本の映画業界の人は、ハリウッド映画のマネとかは、あんまりしないのかな?
まあ、わたしが知らないだけだろうな。
そうだ、図書館で、町山さんの本を少し借りてきたから、そこから読んでみよう。
そうだそうだ。
読後に予定変更する可能性は、大いにある。
もう有料で公開しない、とかね。
さて、忙しいし、疲れているし、DVDから観てるから、仕方ないな~。
本は、借りても読む気にならないくらい疲れてます。
かわいそ~う、わたし!
暇になりたい。




関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する