この後、映画の感想(有料記事)を書きます

今日じゅうに公開するか未定ですが、映画の感想を書きます。

さっき、これから感想を書く予定の映画に関係のある、別の映画を視聴していて、突然、ノートPCのモニタ画面の表示が、直角90度左に回転しました。

???

なんだこれ?

買ったばかりのノートPC、初めてのWin10、わかりにくい。
ポインタがちょこっとどっかをいじったのか?
不思議だ。何もしてなかったのに、突然、画面表示がタテに切り替わった。
すぐにディスプレイの設定を変更したが、タテ表示のあいだ、タッチパッドの指の動かし方が、大変で。
普通に上下左右、動かしても、モニタでは、その通り、動いてくれない。
めっちゃしんどかった。


さて、こんなパソコン、つうかOS、作らないでくださいよ。
普通の人は、モニタ表示をタテにする機会はあまりないと思うな?
まあ、ブラウザは縦長のページが多いから、便利かもしれないが。
ノートPCですから、モニタを動かせないから、意味ないんですよ。
大変だった。


それより。
映画、大変です。
次から次へと、関連作品が浮かんできます。
これまで、さほど映画を観てないわたしには、「あ~、またこの映画…」と、別の映画を観なければ話がわからない仕組み。

これは、プロの映画評論家のお仕事です。
わたしには、非常に困難です。
だれも観てないような映画作品をたくさん観たことのある、町山智浩さんのようなプロの方に、おまかせしましょう。
わたしは、数はこなせない。
質で勝負するしかない。
だけど、わたし、時間がないんですよ。
これは、致命的。
もう、映画を1本観て、ちょっと参考になる作品が何かあるかな? とか、考えるだけで、1日が終わる。
というか、ブログの記事で食べていくのは、難しい。

この記事、あとで消しますねえ。
だけども、これだけ、お金かけてんのに、タダで読んでもらうつもりがないくらいは、読者さんは、お察しいただけるかと思いますが?
普通に、本を買って読むような読者さんばかりだったら、わたしも、惜しまず、わかる範囲内で、最善を尽くします。
しかし、実際に、有料記事をタダで読んでいる人がいるようだったら、というか、もう、そのつもりでいるのですが、ほとんど大したことのない話に終始する予定です。
それは、タダで読んでもらうつもりがないから、で。
わかっていただけると思いますが?
ふつうは、映画を1本観ただけで、1日が終わるなんて、ありえないもの。
時間も、お金も、かかっています、わたしの場合。
つまり、ボランティア以下のお仕事をやっています。
有料の記事がたくさん売れないと、元は取れません。
これは、わたしがいかに善良で、普通の人か、わかる話です。
したがって、無料の記事ばかり冷やかす読者さんは、おそらく、過去のブログによくいた、何も知らずに冷やかしているだけのバカさんです。
有料記事ばっかりになったら、だれも冷やかさないでしょう。
そう、彼ら、だれともコネがないみたいです。
そうですね、チェーホフさんは、わたしのnote の記事を読んだ方のようですが、あれも無料です。
どうやら、わたしが勘違いしていたもようです。
彼ら、エージェントの話とか、知らないみたいで。
そりゃそうですよ、本物のエージェントが、そんな素人まるだしで笑いをとっては、いけません。
映画はね、エージェントが作ってる作品ばっかりじゃないんですよ。
というかね、日本の映画製作者は、お子様だから、外国の業界人に、笑われてますよ。
今日わたしが観ていた映画にも、日本人が少し出てきました。
もう、失笑。
笑うしかない。

この記事は、無料で、すぐに消します。
わたしは、有料の記事だけでも、もっと質の良い、普通の読者さんを希望します。
なにしろ、普通の日本人には、わたしが何を言ってるのか、わからないみたいだから。
簡単なんだけど、日本人には、そんな話、できる人はほとんどいないから、わたしの有料記事は、絶対に、お金をきちんと払う、まともな読者以外には、読ませたくない。
マスメディアの関係者なんか、どっかに消えてしまえ。
わたしは、タダで読ませる気はありませんよ。
いつか必ず、復讐じゃないが、報いを受けてもらいます。

関連記事
Category: 未分類


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する