映画「白いカラス」:ちょっと問題

映画「白いカラス」について、先日から、少し述べました。個人的な感想でしたが、ちょっと、深読みだと思う人が、いるかもしれないから、補足しておきます。わたしが書いたのは、感想というより、作品の解釈の一つです。もちろん、正しいかどうかは知りません。ただ、あれくらいの映画だったら、日本の脚本家とかが観ても、だいたい、わたしと同じような受け止め方をするんじゃないかと思います。だけど、日本の普通の観客が観たら...

映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(番外編)

さっき、映画「白いカラス」感想その(3)、更新しました。思いつくままを書いていったので、後で推敲すると思います。特に、有料記事は、誰も読まないと思って(笑)、ちょっと毒のある話を書き加えたり(笑)さて、この「白いカラス」の主役、コールマン・シルク。映画では、アンソニー・ホプキンスが演じます。若い頃の彼を、ウェントワース・ミラーという、別の若い役者さんが演じています。考えてみれば、アンソニー・ホプキ...

映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(3)

映画「白いカラス」(2003年米)の個人的感想、その3です。 (1)、(2) も、有料記事にて公開しておりますので、よろしければ、以下のリンクから、ご覧ください。 (いずれも「ブロマガ」という有料記事です。事前に購入手続きが必要です。) 映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(1) http://lucm.blog.fc2.com/blog-entry-36.html 映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(2) http:/...

映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(2)

映画「白いカラス」(2003年米)、個人的な感想です。 「白いカラス」は、アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン共演の米映画。 監督は「クレイマー・クレイマー」の、ロバート・ベントン。 この記事は、 映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(1) http://lucm.blog.fc2.com/blog-entry-36.html の続き、(2)です。 映画のネタバレというよりも、映画の元ネタのお話になります。 ...

映画「白いカラス」:黒くないがカラスである(1)

映画「白いカラス」(2003年米)、個人的な感想です。 無料で公開してもいいんですけど、なんとなく、詐欺的な内容でもあり、一般の目に触れないほうが、よさげなので、とりあえず、有料記事として。 問題は、わたしの感想が間違っているか、否か、ではなく、一般の日本人が読んで、理解できるか、否か。 まず間違いなく、普通の日本人には、何を言っているのか理解できない内容だと思いますので、有料記事。 さて、...