映画「ブラック・スワン」:背中の秘密

今日は、映画「ブラック・スワン」の感想その3、無料記事です。それというのは、今日もわたし、肩が痛い、というよりも、背中の肩甲骨のあたりが、痛い。ちょうど、映画「ブラック・スワン」で、主演ナタリー・ポートマン演じるニナが、同じく肩甲骨の辺りの皮膚を、自分でひっかいて、傷だらけになる。それを彼女の母親に見とがめられ、彼女の爪をハサミで切られるシーンがある。だけど、じつに乱暴な切り方で、観ているほうがヒ...

映画「ブラック・スワン」:あらすじなど

映画「ブラック・スワン」あらすじ: ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーの出...

映画「ブラック・スワン」: 瀕死の白鳥、白か黒か?

映画「ブラック・スワン」(2010年アメリカ)は、バレエ「白鳥の湖」の舞台を描いたバレエ映画。 監督ダーレン・アロノフスキー、主演ナタリー・ポートマン。 ここから先は、有料記事です。 不確実で恣意的な内容なので、格安ですが、有料部分は料金をお支払いいただかなければ読めません。 お手数ですが、下のオレンジ色のボタンをクリックして、手続きをお願いします。......